2019/04/26 07:00
明日一日頑張れば!10連休!!
GWが楽しみなKsanです。

4月に2歳の息子が保育園を転園してから、
あっという間の1ヶ月。

私は、時短にさせていただき、
慣れるまでは早めに迎えに行くスタイルを
1ヶ月ほどさせていただいておりました。

まぁ、息子だけじゃなくて
わたしも慣れなくて、イライラもやもや。
息子を叱って、自己嫌悪。
お迎えに行く足取りも重くなる日もあるくらい、
私の心はやられていました・・・。

※そんな様子をつづった以前のブログはこちら。
「転園、そして親子の葛藤」
https://39.benesse.ne.jp/blog/2782/archive/142

行き詰ったら、何が問題か、
夫婦会議をするようにしています。
(言い出すのはいつも私なんですけどね!!)

整理した結果がこちら↓↓↓

〇課題
 ・息子がママっ子に。
  ご飯の準備もできない。
  寝るときはママでなくちゃダメ。
 ・旦那の帰宅時間が微妙。
 ・保育園に行かない。
 ・保育園から帰らない。
  (新しい保育園は帰りに遊べるスペースがある)

よくある、あるあるな課題だと思うのですが、
・・・課題ですよね、どの家庭でも。

〇改善策(成果があったもの)
 ・旦那の帰宅を19時にしてもらう。
   その分22時まで帰らない日もあることにして、
   メリハリをつけてもらうことにしました。
   週に2日19時帰宅を目標にしてもらってます。
 ・ご飯の準備を短縮する。
   平日のお米はすべてレンチン。
   副菜はあきらめる!
   野菜は具沢山の味噌汁で補う。

なぜ、息子が保育園から帰るのが遅いとイライラするか、
それは家事をする時間が無くなるから。
だったら、家事を短縮しよう。

なぜ、ママっ子過ぎるとイライラするか、
ママは家で家事をしなきゃならないから。
だったら、家事とパパにシェアしよう。

イライラの原因を書き出して、
改善策を検討し、実践します。
もちろんうまくいかないこともあって、
それはトライ&エラーで少しずつ改善中。

家事もわかりやすいものを例に挙げましたが、
もっと細かい名もなき家事も短縮するべく改善策を検討中。

優しい人間になれるよう、
排除可能なイライラは、
改善するぞ!!!

実は、こう考えられるようになったのは、
勝間さんの「勝間式超・コントロール思考」の著書を読んだから。

”1分1秒を短縮する方法を考える”

この言葉、胸に刺さりました。
常に100%で突っ走りたいわけじゃない。
短縮できた”1分1秒”で息を抜こう。
自分に使おう。
キャパオーバーなんだ今私。

そう思えた本でした。

勝間さん、素敵な本をありがとうございました!!

具体例の少ないブログになってしまいましたが、
最後までお読みいただきありがとうございました!

次は日々の”布団を敷く”工程をなくすべく、
ベットを真剣に探しているKsanでした。
4A1F2CA9-35A8-4272-B13C-B77286DF0A5C.jpeg
Ksanさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/03/07 21:00
おなじ部署の同僚が、出産ラッシュです。
うれしいお知らせがたくさん!
(全員パパ側ですが)
うれしい気持ちで一杯のKsanです。

今回はおせっかいKsanとして、
後輩パパたちにこのようなことを伝えています。

・とにかくたくさん写真を撮ること!
・とにかくたくさん動画を撮ること!
・とにかく奥さんの意向に沿うこと!

ホルモンバランスというものは、
感情をこんなにも揺さぶるものかと、
産後驚かされた私です。

不安だし、
寝ないし、
寝れないし、
涙は止まらないし、
何を言われてもむかつくし!!!

そんな経験をしているので、
新米パパたちには、

【何があっても、仏の心】

ということをお伝えしております。

私みたいなママばかりではないかもしれませんが、
産後の不安定さは
「ホルモンバランスのせいなんだよ」
と、つたえるだけでも、
パパ側の受け取り方も変わるかも知れないなと。

おせっかいをしております。笑

男の人が多い職場なので、
こういう切り口でママたちの助けになれたらと思っています。
(完全に!自己満足かもですが。)
652F31B9-809A-4E59-80BD-082B4F218FB2.jpeg
最後までお読みいただきありがとうございます。
新生児期が懐かしいKsanでした。
Ksanさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/07/06 18:45
ひさびさにワンピースなんぞ着てみたKsanです。
先日、めでたく息子が2歳になりました!!

とはいえ、
平日の誕生日…
まだ2歳だし、
ちゃんとしたのは休みの時やるし、
と、思ってましたが、
ちょっとしたお祝いをしてあげることに。

A4F646FA-6375-4421-B2C9-77310B4504A2.jpeg
お部屋をここだけ飾り付け。笑
(トーマスの風船はプラザで買いました
 他にもたくさん種類があって
 選ぶのも楽しかったです)

9FFE1143-1754-4B0E-8F6D-160E70CCF889.jpeg
ケーキと小道具でお祝いモード!

おばあちゃんから
サプライズプレゼントも届き、
意外と様になるお祝いができました。

何よりやってよかったのが
息子がちゃんと誕生日だと認識して
この日から
「たんたん誕生日」を
口ずさむようになったことです。

2歳児、
侮るべからず。
母、ちゃんとしてるところ
見せてかないとと、
気持ちも引き締められました。

簡単だけど、
お祝いしてあげてよかったです。

2歳の息子と
楽しい思い出たくさん作れますように!
Ksanさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ