2017/08/19 07:00
1歳児がいるので、家の中は安全対策をがんばっている最中です。

子供の成長に合わせて行う安全対策は、
先手先手を打っているつもりでも・・・

間に合わない!

そのため、コーナーガードを複数種類用意しています。
何のための複数種類かというと、
家具の特性によってコーナーガードを使い分けたいからです。

・目に付くところ→IKEAのコーナーガード

・タッチしたとき危ないところ→みつまたガード

・転んだら危ないところ→クッション性の高めのガード
inCollage_20170818_190144966-10b0b.jpg


IKEAのガードはかわいいのですが、
かわいいがゆえに子供が取りたがるので、
強力な両面テープが必須です!

怪我なくすごすために、出来ることはしていますが、
気持ちとしては「大怪我しない工夫」までで、

「転んだら痛い」
「ソファ上ったら足から降りる」
「テレビ台に乗ったらだめ」

など、本人にも
学んでもらえるようにしていきたいと思っております。

"過保護"と"安全対策"と、塩梅が難しいですね。
皆さんの工夫も見せていただけたら幸いです!

Ksanさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ