2019/03/26 07:00
おはようございます!

我が家の長男は、小学校6年生です。

そして、不登校歴2年です。

そんな長男、本日卒業式でした!




勿論、行けるはずもなく

でも開き直れる訳でもないようで

朝からタオルケットを被って髪をグシャグシャにかきむしり、悶々と、そして鬱々としておりました



そんな彼も、午後になり卒業式が終わる時間になると、安心したようで、落ち着いていました


こんなとき、家族としては。。。

◯卒業式に一切触れず、普段通り振る舞う
◯卒業式行けなくて、辛かったね。と彼の気持ちに寄り添う


どうしたら良いのか、非常に悩むところではないでしょうか。


私は、どちらも違うような気がしました。


普段通り振る舞う=臭いものに蓋をする。
彼の苦しみを、見て見ぬふりをする事のように思えたのです。


でも、卒業式に参加できなかった彼の気持ちに、カウンセラーのように向き合っても、彼は素直になれる年頃でもなく、うるさい!僕の気持ちなんて分からないくせに!とかより孤独な思いをさせてしまう気がしたのです。



大人も、良い年した親子も、夫婦も、言葉にしなければ、相手の気持ちなんて分かるはずもなく。


勿論、自分の気持ちも伝わらないと思い、率直に聞きました



「◯◯くんがどうしたいかは、ママには分からないから、率直に聞くね?
今日は卒業式だから、お家でお祝いをしたいと思っているんだけど、嫌かな?」


すると、彼は

「良いよ。嬉しい。」と答えました。

さらに、私が「ケーキとか、買ってこようと思うのだけど、そう言う大袈裟なのは嫌かな?」と聞くと、

「ありがとう!」と笑いました


相手を思い計ると言うことは、本当に大切で、“思いやり”とは相手を想う想像“力”だと思っています。


それでも、出来る限り自分の思いや考えを言葉にして伝える努力を、そして聴く(「聞く」ではなくて、傾聴する「聴く」)事の大切さを実感しました。


言わなくても分かるだろう
言わなくても分かってよ


家族だと中々ね。

こじらせるよね。



彼の6人だけの卒業式
CollageMaker_20190325_224242712.jpg
卒業アルバムに個人写真や作文がないのは、彼1人だけでした


不登校児は学生で、彼一人だけでした

ちょっと胸が締め付けられました



でも、空気が読めない長女が、まだ今は彼が見ることが出来ない忌々しい卒業アルバムを無理やり開き、まだ幼い彼の写真や、彼の友人達見つけてゲラゲラ笑って。

そこに家族皆が集まり、笑いあって、懐かしんで、忌々しい卒業アルバムは、ちゃんと彼の4年間が詰まった素敵なアルバムに変わりました


我が家はステップファミリーです

私は継母で、長女、長男は継子です


女子高生の長女に「もう高校生なんだから自分でやりなさい」と言うと、彼女は主人に「なんでお母さんのくせにやってくんないの?」とか言うそうです。


典型的な女子高生の反抗的で生意気なセリフですが、嬉しいのです。


家族が嬉しいのです。

taemiさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ