2019/04/29 09:00
おはようございます!

先日購入したペンギン柄の半幅帯をどうしても使いたくて、主人と着物デートをしてまいりました

(自己紹介はこちら→初めまして



※写真は自撮りのため左右が反転しています。着物の襟は左前に着つけています
IMAG3085.jpg



ペンギンの帯は、ネットオークションで新品で¥1,500くらいだったと思います
IMAG3090.jpg






写真だと上手く写せなかったのですが、
半襟は、綿100%のレースで、とてもカジュアルな雰囲気です

IMAG3074.jpg






足袋も、普段使いの時は、伸び伸びソックスのような楽で気持ちいい物を

IMAG3075.jpg



私が着物を着るようになったきっかけは、娘が3才の七五三の時に、私自身の着付けを美容院でして貰ったことでした。




私の祖母と母は美容師でしたので、自分で着物を着ている姿を幼い時から見ていたこともあり、和服が身近でした


さらに、自身の結婚、出産を経て、3人の娘が出来たことで、日本文化を伝えていけたらいいな。と思ったこと。

そして、お姑さんが踊りを習っていたこともあって、沢山のお着物を持っているけど、主人は男ばかり3人兄弟なので、お姑さんと一緒に楽しめたら良いなと、以前から漠然と思っていました。


次女の7才、三女のの3才と7才の七五三、小学校の入学式などこれからも沢山着物を着る機会があるのなら、自分で着れるようになってみよう!と言うのが始まりでした


大手の和服屋さんがやっている、1レッスン1時間30分500円のレッスンを2回受け、後は自分で練習をして着られるようになりました。

今は、Youtubeでも沢山の方が着付けや帯の結び方を載せているので、忘れてしまっても大丈夫です


最近は1万円くらいで買えて、洗濯機で洗える着物なども沢山あるし、これからの時季、浴衣など気軽に楽しめたらいいですね!



ただ、本当に悲しいのは、未だに多くの呉服屋さんで、「1歩入ったら買うまで帰さない」、「何十万、何百万もする着物や帯を数人で囲んで何時間も押し売りをしてくる」お店があることです。

以前、ショッピングセンターなどに何十店も出店していて、店頭では1万円の洗える着物や、ゆかた¥2,000円など、とても入りやすいようなお店のオープニングセールで、ふらっと覗いて、洗える着物をお会計しようとしたら、4人がかりに囲まれ3時間も100万円以上する帯を売りつけられたことがあります。

そのお店は、大手のお店だし「沢山の方に着物を着るきっかけをになってもらいたい」「若い人にも着物を着て欲しい」と謳っているのに。。。

和服は、着るのも難しいし、お手入れも難しいし、高額なものだし、それでいて着付けの学校は1年以上通って何十万も何百万円も払わないと資格は取れないし、それでいて呉服屋さんでは、いまだに多くのお店で、強引な売りつけ方をされると、「和服」という文化は、どんどん廃れていってしまうと、とても悲しい気持ちになります。


近頃は、ネットで通販でもカジュアルに楽しめる和服が沢山あり、純粋に着物が好きな人が集まるコミュニティーも沢山あります!

それでも、お店では店員さんから色々な知識を教えてもらえる利点もあるので、お店で買い物をするときは、強引な営業や、高額な帯着物を試着させられたら、はっきりとNO!!と断ることが大切です!!


嫌な思いをせず、着物ライフを楽しんでくれる人が増えると良いです


taemiさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/04/25 11:35
こんにちは!いよいよ、大型連休が始まりますね!

みなさんは、どのように過ごされますか?                                  

どこも大渋滞、人混みということで、せっかくの連休は、自宅でDIYに挑戦なんかも良いですよね




今日は納戸として使っていた部屋を、寝室に模様替えしたので、その様子をお伝えします!



我が家の間取りは、3LDKですが、そのうち1階北側の部屋は“納戸”に近い5.5畳です。

クローゼットが0.5畳ですので、実質5畳ほどでしょうか?

今回は、こちらの納戸を寝室に変身させてみました

(はじめまして♪自己紹介



実際、どのような部屋かと言うと、北側に腰高の引き違いの窓(約幅160p×120p)
東側に上げ下げ窓(約60p×120p)があり、南側に部屋の入口となっています


北側には4mほどの道路が通っており、直接日差しが部屋に入らないものの、一日中明るく採光と風通しは、しっかりと確保できます


まず、北側と言う事で、湿気対策と底冷え対策の為、タイルカーペットを敷きました


タイルカーペットは、50p×50pの物がほとんどですが、厚みや、裏のゴムの有無、洗濯の可否などにより、値段はピンキリです

今回は、ホームセンターで1枚当たり380円の物を購入しました
(木造、1階、北側と言う事で、冬の寒さが尋常ではなかったので、思い切ってエアコンも購入)


ベット(キングサイズ)を入れた完成写真はこちらです

IMAG3058.jpg

無印良品、ダブルサイズの収納ベットを、リサイクルショップで定価の半額27,000円弱で購入できました


この2枚の写真を見て頂くと分かるのですが、部屋ギリギリ!! むしろ1センチの余裕もないくらいのシンデレラフィット!!
IMAG3007.jpg

IMAG3024.jpg


こちらのベットには、3才と5才の娘と私の3人が使用したいので、ダブルサイズだとちょっと窮屈!と言う事で、シングルを2枚敷けるよう、キングサイズにすることにしました



まずは、土台作りです
ちなみに今回、処分するつもりだった箪笥を再利用したので、材料費0円
IMAG3037.jpg

なぜ、こんな変な形にしたのかと言うと、3畳のホットカーペットとラグなどの長物を収納したかったのです。

IMAG3038.jpg

IMAG3039.jpg





そして、すのこは2等分して長編を短く、一枚の重さも軽くすることで、私でも簡単に開閉が出来るようにしました

このすのこも、箪笥の端材を再利用
IMAG3040.jpg




ベットの下は、全て収納になっています(手前は引き出し式)
IMAG3046.jpg





マットを2つ並べて、間に隙間パッド(¥2,500)を挟み完成です!!
IMAG3051.jpg

IMAG3056.jpg



今回、寝室に模様替えをするにあたり、子供の成長を見据えて2段ベットにするか、大容量の収納ベットにするため、小上がりにするか、キングサイズのベットにするか?とかなり悩みました!



しかし、お値段や、材料費、狭い部屋に収まるかどうか?など、希望に叶う物に出会えず、実は半年以上悩みました。



そんな時、出会ったのがこのベット!

シンデレラフィットで、安くて、デザインも色味も好きで、収納の問題も叶えてくれるこのベット!


そして、すぐ買って運んでくれた主人、あっという間に組み立ててくれた主人、私の想像以上に機能的な延長部分を作ってくれた主人に感謝です!

あー!このベットも主人も大好き


妥協せずに、我慢してよかったです。


ちなみに、ダイニングの照明は気に入ったものが無くて、もう3年も探しています。。。


素敵な出会いを楽しみにしつつ、待ちたいと思います
IMAG3058.jpg



taemiさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/04/21 08:00
私taemi、37歳、主婦、4人の子持ち。

趣味はアメドラ。特技は裁縫。好きなものは和服。

中学、高校の部活は家庭科部。嫌いなものは運動。




インドアの香りがぷんぷんですが

実は私。。。



造園施工管理技士と言う国家資格を持っています

建設関係のお仕事をされている方が、取得することが多い資格です


以前は、欧風庭園のガーデナーとして、デザイン・設計・施工・管理や園芸家として、メンテナンスやセミナー・ワークショップなどの講師をしたり、一年中外で泥んこになりながら力仕事をしていました。


結婚後は、退職し資格を生かして、造園家として事業をしています
t02200147_0800053312948362671.jpg

ホテルや商業施設、ブランドショップなどのグリーンインテリアや緑花装飾をしていたこともあり、自宅も植物モチーフの物や、グリーンインテリアを選ぶことが多いです


ダイニングの窓は直射日光が当たらず、植物が育てられないので、フェイクグリーンを使用し装飾をしています。

時折、猫がいたずらをして、葉をむしったり、ほこりが付いたりするので、久しぶりにメンテナンスの為、外しました。
DSC_0009.JPG

DSC_0010.JPG

無いと、無機質な印象に
IMAG2880.jpg


IMAG2885.jpg

先日、IKEAで購入した生地を使い作ったファブリックパネル→記事はこちら

こちらも、外してみると、とても寂しく暗いイメージに

DSC_0005.JPG

IMAG2888.jpg


随分と雰囲気が変わるのが分かります。

私は掃除命なので、ほこりが溜まりそうで、床に物を置いたり、置物などの小物を飾るのが苦手です

その点、壁に飾るようなウォールディスプレイは、掃除の邪魔にならないので多用しています。


話は戻り、窓辺の装飾のメンテナンスの続きを

今回使用したのは、ドライフラワー用のオアシスです

以前は通常の切り花やアレンジフラワー用のオアシスを使い、造花を刺していましたが、柔らかいので、何度か刺しなおすとボロボロになってしまいます。

そこで、今回はドライフラワーやブリザーブドフラワーなどの乾いたものに使う、ハードタイプのオアシスを使用しました。

一箱¥380前後で購入できるかと思います。
IMAG2959.jpg

オアシスは、包丁で切るとうまく切れます
IMAG2962.jpg

砂っぽく、ザラザラと汚れるので、花卉に入れて使用しないときは、アルミホイルなどで包むと良いです
IMAG2963.jpg


土台はこんな感じ
IMAG2964.jpg


職業柄、本物の植物と造花は一目見ると分かります。安っぽく偽物感がある造花が嫌だったり、いろいろな品種の植物を選びたいというワガママを叶えてくれるのが、東京堂さんの造花(アートフラワー)です。

卸売しかないのですが、楽天市場やアマゾンで“東京堂”と調べてると小売店さんが販売しているので、購入できます。

さて、活けていきます
IMAG2966.jpg

つるのように垂れ下がる物、横に広がる這性の物、ブッシュのようにこんもり茂る物
しだのように小さい葉が沢山ついて涼しげな印象の物、葉が大きく強い印象の物

色々なテクスチャ(素材感・質感)の物を合わせると自然に見えます


IMAG2968.jpg

IMAG2972.jpg


一株のままで使うのも良いですが、何株かは、一枝ごと一葉ごとに、バラバラにして使うと、より自然に見せることが出来ます


IMAG2973.jpg


今回は、正面から綺麗に見えるよう、背面の葉を切り離し、接着剤でくっつけ直すして、ボリュームを調節しています

IMAG2967.jpg

DSC_0007.JPG


なんだか、とても生き生きとして見えます。

本当は植物を飾りたいですが、日当たりが良くない、メンテナンスが面倒くさい、いつも枯らしちゃう!と言う方は是非チャレンジしてみてください!


taemiさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ