2019/07/08 12:51




こんにちは、すっかりご無沙汰しております。


実は、最近家族が緊急入院しました。

父なんですけど。


今年63になります。


死ぬまで現役、を目標にバリバリ働いていたのですが。


今年に入ってからその、バリバリ、が
度を超えるようになってきて。


63という歳で、1日置きに夜勤。
夜勤した後に日勤っていう鬼シフトの日もあったり
隔週で土曜日も仕事。


なにかトラブルがあれば日曜日も会社行っちゃうし、夜勤明けで寝ていても昼間会社から電話がかかってくる始末。。。、


私も母も父にはさんざん、

死ぬよ?
死にたいの?
他の人に任せられないの?


と心配していてのですが
父は頑なに、『(仕事の)免許持ってるの俺だけだから』と、仕事してました。


ほかの若いのにも免許取らせなよ。
なんで貴方が全て背負わなくちゃいけないの?


そんな母の言葉も響かず
ある日、"風邪をひいた"父


喉が痛い





耳鼻科に行くと
喉も腫れてないし、原因が分からない。

とりあえず痛み止めを出してもらい様子見


そうこうしているうちに
みるみるうちに食事が喉を通らなくなり
お粥、ウィダーインゼリーしか食べられなくなり
頭が痺れるとか怖いことを言い出し
声が出にくくなり

食事が出来なくなり
近所の内科で点滴をしてもらい
大きな病院を紹介してもらい
診察へ行ったらそのまま入院となりました。



そこからまる2日検査しまくって
分かったことが


帯状疱疹神経炎
肺炎
片側声帯麻痺



何個も病名を言われてもうわけ分かりません。

とにかく、過労によるものですよ。
寝てないんだもん当たり前だよ。


入院して暫くは、
口から物を飲み込めなくなっていたので
鼻からチューブ入れて栄養を送り込んでいて本当に病人。
The病人。

5歳の娘はその姿を見たくなかったのか
お見舞いに行ってもワガママばかりで部屋から逃げ出そうとしたり、わざと裸足で走り回って私を怒らせたり。


とにかく、我が家にとっては慌ただしくショッキングな出来事でした。



入院して暫くは鼻から栄養

1週間ほど経ってやっと口から流動食

そこから少しづつむせないで食べられるようだったら形のあるご飯に向けてステップアップ



『退院までに固形食食べられるように、それが目標ですね。』


なんてリハビリの先生に言われて。

もしいつまでも固形食食べられなかったらどうなるんだろう。そもそも退院出来たとしても社会復帰出来るの?


と、家族は常に不安でした。



入院から1ヶ月弱が経ち

今日、リハビリも順調に進み
主治医からも許可が降りたので
父、退院。



食事も普通の食事を少し細かくしたり
柔らかくしたり程度で大丈夫になりました。


でもまだ声はかすれ声で、片方の声帯は麻痺したまんま。

これがこの先治るのか
このままなのか
手術して治るのか


退院はしたものの、まだ不安は残ります。


当の本人は、2日もすりゃ会社行けんべ。
なんてことを言っています。




家族的には
あと1ヶ月は自宅でリハビリを兼ねてゆっくり過ごすと思ってたから、

おいおい、また同じことを繰り返すぞこの人は。


と、馬鹿なことをしないように目を光らせている次第です。




この1ヶ月、ほぼ毎日お見舞いに行ったりして1つ自分にとっていい事がありました。


苦手で大嫌いだった車の運転が
少しだけ苦じゃなくなった(笑)


毎日乗っていれば慣れるんですね。


おかげで夏休みも、子供と少し遠出が楽しめそうです。




と、話は逸れましたが


皆様、過労ってよく聞くけど
甘く見ては行けません。


御家族の中に、シャカリキになって動いている方がいたらどうぞ、休息を摂るよう勧めてあげてください。



yuRhythmさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
あゆ夏さん

お返事が遅くなってごめんなさい!
コメントありがとうございます(Ü)

本当に、自分がもう30過ぎているんだから両親も老いていくのは当たり前なんだけど、なんだかまだ自分が子供の時のままの目線で親を見ている自分がいて。

入院中みるみる痩せていった父の姿を見て
あ、もう年寄りじゃん・・・・・
ととてもショックを受けました。

やせ細って鼻からチューブ通してる姿見た時なんて
『死ぬ時もこんな感じで死ぬのかな』なんて不謹慎だけど、親の死というものを感じて胸が締め付けられました。


幸い、退院してからは体調を崩すことなく
少しずつ会社へも行き始めてます。
まだ本調子ではありませんが、父のペースで元気になってくれることを祈ってます。

お気遣いありがとうございます!
いつまでも両親には元気でいてほしいですね。元気でいることが当たり前に思っているのですが、うちも65歳を超えてきているのであと10年もしたら誰かがガタが来るようになるのかなあと時々ちょっと寂しい気持ちになったりもします。お父様、元気になってくれますように。