2019/01/26 22:19


昨日、雪の話題を書きましたが
今日は随分あちこちで
降っているようですね

普段降らない地域での雪は
珍しくてワクワクする程度なら
良いのですが
事故や不便さで
困ることが起きませんように



*   *   *   *   *




ところで・・・



年齢や状況の
変化のせいでしょうね

最近、いろいろと
考えることが多くなってきました

考えるというよりも
「悩む」に近いような・・・
感じかもしれません


身体も心も
ちょっと不調・・・?


息子が昨年3月に
高校を卒業し
親元を離れていきました

もしも高校がない
小さな島暮らしでしたら
子どもたちは
中学を卒業すると
親元を離れますね
すごいことだな〜と感心します


幸い我々が住むところは
高校はありますから
高校卒業までは
一緒に暮らせましたが

彼が興味を持ったことは
ここでは学べず
仕事をこの近辺ですることも
難しい・・・

地元には
高校はあっても
大学はなく
ギリギリ通えるところにある
専門学校は
彼の興味分野では
ありませんでしたからね


ということで
彼は行きたいところを
自分で選んで
巣立って行きました


「進学」という道を選べば
彼はここを
離れることになることが
随分前から
分かっておりましたので

私は彼に
「就職を選んでも
進学を選んでも
高校を卒業したら
この家は出ようね」と
中学生のころから
言っておりました


息子だけでなく
私にも必要だったもの

覚悟。


我が家は
息子が一人の
母子家庭ですからね

そして
私の親戚は
飛行機を使わない距離に
一人もいませんから




そんな息子の
親離れが
3月にありまして

初めのうちは
明るく前向きに
今私がすべきことを
丁寧にこなしておりましたが

少しずつ・・・

時間がたつにつれ
それだけでは済まない何かが
自分の心の中の
ほんの小さな隙間に
入り込んできたのを
かすかに
かすかにですけど
感じるようになりまして

やがて
体調に現れました

これはまずいな・・・

心のデトックスが必要だわ〜

気持ちの立て直しには?
本を読むに限りますひらめき

・・・わたしはね(*´ω`*)


もちろん新しい本を
探しに行っても良かったのですが

書斎のゴチャゴチャの本棚の
かつて読んだ本から
2冊選び出し
読み返してみました




CIMG5592.JPG

ワタクシ、40代も終盤
残りは多くないのですが( ̄▽ ̄*)笑

40代からの
「私」の生き方


いい女. book

(* ̄▽ ̄)フフフッ♪
いくつになっても
いい女でいたいじゃない?笑




40代からの
「私」の生き方

これはたくさんの方へ
インタビューをして書かれたもの

CIMG5586.JPG

魅力的な名前が
並んでいるのです

女性として憧れだった方が
何人か入っていたので
中も見ないで買ってしまった本(´艸`*)


本の中で
何人もの方が
言っていらっしゃいます

「40代は女性の一番いいとき」

「一番女ざかりよね」

って(* ̄▽ ̄)♪

うんうん、そう思うわ〜♡(*´ω`*)
ちょっと嬉しくなります


この本に登場する方は
ほとんどが取材時に
60〜70代

そして今もなお
キラキラぴかぴか(新しい)している方々


既成概念にとらわれず
自分らしさを貫いていらしたり
40代が転換期だったり

そのまま真似はできなくても
自分の生き方を振り返ったり
元気や勇気をもらえる本です


大きなお花の束を
抱えた「今」(取材時)のお写真が
それぞれの方の
ページの頭にありますが
それがまた
ステキなんだわ〜(´艸`*)




もう1冊の
いい女. book

CIMG5587.JPG

帯(裏面)に ↑こんなことが書いてあります(´艸`*)

20代がターゲットの本(だと思うな)

でもね
40代(後半)の私が読んでも
なかなか良いのです♡(*´▽`*)

女性ホルモンが減っていく時だから
意識して
女性として・・・と考えるの(* ̄▽ ̄)♪

外から女性ホルモンを
注入〜(´艸`*)


半分冗談((´∀`*))
半分本気(`・ω・´)



もしもどこかで見かけたら
手に取ってみてはいかがでしょう?
オススメいたします(*´ω`*)




さて
少し落ち込み気味だったワタクシ

さらに落ち込むことも
続いてしまったのですが

本やら
お洋服やら
スイーツやら
様々な力を借りまして


お陰様で今日も
笑顔〜(*´▽`*)
元気です






本日
全豪オープンを見ながら
書いておりましたら
ちっとも進まない〜

手に汗握る3セット
その時間を
まるまる使っても
書き終わらず・・・

ついでに
ドラマも1本見てしまい
このブログを書くのにかけた時間
なんと4時間(;^ω^)以上だ・・・
単に集中していないだけですけど


それにしても
大阪なおみ選手
すごかった!!

相手の
クビトバ選手も
すごかった!!


ハラハラドキドキの3時間・・・


表現力なさすぎで
ごめんなさい<(_ _)><(_ _)>

大阪選手
全豪優勝
おめでとうございます!
世界ランキング1位も
おめでとうございます!!
誰に言っているのでしょう?(´艸`*)

終始大阪選手を
応援していましたが
お相手のクビトバ選手も
大好きになってしまいました〜♡(*´▽`*)

気迫がすごかった!
だけでなく
終わった後の清々しさも
とってもとっても素敵で♡(*´ω`*)

準優勝のスピーチが
最初から最後まで
素晴らしくて
思わず涙が・・・


素晴らしいお二人から
たくさんエネルギーを
充電してもらっちゃったので

明日からまた
私もガンバロッ♪(*´▽`*)


今日もご訪問
ありがとうございました♡






あなたと


あなたの大切な人に


笑顔の輪が


広がりますように



















タグ(関連ワード):オススメの本
内海舞さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/06/08 19:34


私、やっぱり母ちゃんだな

そう思う瞬間

息子に送るものをあれこれ箱に詰めています


あったら便利だろうな

これ、きっと喜ぶね

足りているかな?


あれこれ考えながら

何日もかけて準備してしまう

愛の詰まった大きなつづら( ̄▽ ̄*)愛?


箱詰めのきっかけは

たいてい 息子からの

「○○送ってくれないかな?」

で始まります


「急がないからさ」

とコメントつけてくれるので

ならば送るついでに・・・と

いろいろかき集めてしまう


「これ、いる?」

と写真付きで聞くことが多いです


無駄なものは送れません

「学生寮」という豪邸住まいなので( ̄▽ ̄;)
でっかいけど人口密度はやたら高いよねw

物は最低限に絞らないと

足の踏み場なくなっちゃう


頑張ってやりくりしている息子

物を減らしたい私

だから

「もういらないけど

あっちにあったら絶対便利」なものを

「使うなら送るよ」って聞いてみる

かなりの確率で「欲しい」とお返事もらってます


ついでに

自炊っ子に送ってあげたい美味しいものを

詰めてあげる







今はそんな作業をしている真っ最中


思い立って本を一冊買ってきました

チーズはどこへ消えた?.JPG

最近のお気に入り

「チーズはどこへ消えた?」
スペンサー・ジョンソン 著
門田 美鈴 訳
扶桑社 出版

838円+税

1時間半で読める本ぴかぴか(新しい)

たぶん「ビジネス書」に分類されるんだろうな〜

簡単に読めるけれど

かなり奥が深い本です


そうそう

大リーグで活躍中の「ぴかぴか(新しい)大谷選手の愛読書ぴかぴか(新しい)

というPOPが付いておりましたよひらめき

大谷選手に限らず

アスリートやビジネスの世界で活躍している人が

多数推薦しているそうです







物語は

2匹のネズミと2人の小人が

迷路の中でチーズを探すというもの

比喩なんですけどね


人は思いがけないことがあると

つい

立ち止り

物事が好転することを求めてしまうもの


ビジネスでも

人間関係でも

家計などお金管理でも

子育てでも

スポーツでも


どんな分野でも当てはまる


今の自分の状況と重ね合わせて

「ドキッ!」としてしまうかもしれません


今の自分を 別の角度から見て

状況を分析することができるかもしれません


私は

「イヤでも『前に進む方』を選びたくなるじゃん」

と思いました


さらに、私にとって

「チーズ」は何だろう

「迷路」は何だろう

自分の行動は?

そういえばあの時って・・・

考えることがたくさん出てきました


ついでに

「大谷選手は試合の中で

修正ができると称賛されるけど

なるほどね〜」

この本の大切なメッセージを

刷り込んでいるんだな

と感じました

この本のお陰だけじゃないのでしょうけど
むしろ努力とセンスがモノをいうのでしょうけど
でも! ストンと腑に落ちました
あくまでも私の感想ですけど



本に書かれているエピソード自体は簡単

でも、きっと事あるごとに

何かの指標になるな

そう確信できるものです


だからこそ

息子にも送ってあげようと思ったのです

自分の読み終わった本を送るのではなく

わざわざもう1冊を買ってきました


それだけの価値は絶対ある!


・・・というか

自分の手元にも絶対置いておきたい

と思ったから( ̄▽ ̄*)







私は中学生の授業時間を

使わせていただくこともあって

中学2年生と3年生相手に

この本を題材に授業をしてみましたら


今までで最高!の集中力と興味関心で

のめり込んでくれました
担任もその集中の仕方に驚いていました( ̄▽ ̄*)


そして一人ひとりその子の等身大の感性で

ストーリーを理解し

解釈してくれて

自分と照らし合わせながら

何かしらの気付きを得てくれていました



もともとは大人向きの本ですけどね

若者にもきっと

将来のための『心の種まき』になりそうな本です



機会がありましたら是非

手に取ってみてくださいな








あなたと


あなたの大切な人に


笑顔の輪が


広がりますように
























タグ(関連ワード):オススメの本
内海舞さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/11/11 17:48



こんばんは

気づかいの習慣.JPG

今読んでいる本


テーブルの上に置いてあったこの本を見て

息子くんが言いました

「あぁ、びっくりした・・・」

何かと思ったら

『お客様をたきつける 気遣いの習慣』だと思って」

と言って笑い転げている

そりゃ~びっくりするね

「ねぇねぇ、

『お客様をたきつける36の方法 

ありがちだから気をつけて』


っての、どうかな〜」


そんなことを言ってまた笑い転げておりました


お箸が転げてもおかしいお年頃、男の子バージョン(笑)


彼は今、マーケティングに興味あるのです

将来お客様をたきつけるのが上手になるのだろうか





この本

元CA(JALの客室乗務員)

ホテルのVIPラウンジマネージャー

という素晴らしい経歴をお持ちの

重太みゆきさん

が書かれていますが

唸ってしまうほどの

「サービスのプロ」です

面白くてつい時間を忘れてしまう





私、20年ちょっと前

某ファーストフード店で

アルバイトマネージャーをしておりました

サービス業はとっても楽しかった

私は「クレーム処理」が得意で

さすがに店長・副店長はご自分でなさっていましたが

他の社員さんは、私がいると

「頼む〜」と回してくるほど


怒っている方の怒りを鎮めることができると

安堵感とともに達成感が(笑)


そんな私がよく使っていた言葉を

重太さんも紹介していらっしゃいます



「大変お待たせして、申し訳ありませんでした」

VS

「長いことお待ちくださって、ありがとうございます」



同じようなことを伝えているのに

印象は全然違いますね、と


そうそう、そうなんです

下の言い方をすると

お客様は満面笑顔になってくださる





家でも、息子くんに

「待っててくれてありがとう」

「我慢してくれてありがとう」

「(失敗を笑い飛ばしながら)許してくれてありがとう」

↑ ご飯をといだうえで、予約忘れてお弁当作れないとか・・・

など

ありがとうを多用しています


息子くん、のんびり気質も手伝ってか

「どういたしまして〜」

「いいよ〜、大丈夫〜」


と笑顔で応えてくれます





読んでいる本は

お客様を惹きつける 気遣い・・・」

ですが

何もお客様に限らない

家族や友人にも

「大切に思っています」という気持ちを

上手に伝えるヒントが

たくさんありますよ


興味ある方

ぜひ探してみてくださいませ






あなたと

あなたの大切な人に


笑顔の輪が

広がりますように

















タグ(関連ワード):育児 育自
内海舞さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ