2019/01/11 08:38
いつも、アクセスありがとうございます。
小学1年生の娘も学校に慣れてきて、
無事3学期を迎えました。

1学期にさんすうの遅れを指摘され、
それ以降、家庭学習にも励んできました。

私も仕事の合間にプリントを自作したり、
隙間時間で勉強に付き添ったり、
そして2学期は先生もそれなりに評価してくださいました。

家庭学習のお陰か、完璧とは言えませんが、娘なりに
確実に成果を出しています。

そして、最近気になりだしたのが、

「音読」

毎日、宿題として出ますよね。

音読のスピードが遅いということでした。

直接先生からの指摘はありませんが、
娘は先生に指でなぞってもらいながら読んでいるようです。
あとは、文字が飛んでしまう、二文字あるとそれがひっくり返ってしまう、
どこを読んでるかわからなくなる、行も飛んでしまう、
小さい「ゃ、ょ、っ」などで詰まってしまう。


計算ドリルの答え合わせも、
だんだんどの問題の答え合わせをしているか
わからなくなるみたいです。

最初は、回数、経験を重ねれば成果が出るのだろうと私は思ってたのですが、
最近知った「ディスレクシア」という言葉。

学習障害の一つで、
知能的には問題ないけれど、
読み書きが苦手。

極めて苦手

という感じらしいです。
私もまだまだ知識が浅く、
診断というより、
まず担任の先生にこれから相談していこうと
思います。
先生から見てどうなのかを聞いて、
なにかサポートが必要になるのか、
家庭でできる工夫はないかなど。

親の私だけ1人が歩きしているのではなく、
最近、娘の口から、音読への
辛さを聞くようになったので、
少し動くべきなのかと感じました。

みんなより1歩遅れてもいい、
学校生活が少しでも嫌にならないように
娘の精神的なことも含め
慎重に進めていこうと思います。
詳しい方がいらしたら、是非お知恵をいただきたいです。

PhotoGrid_1547133607940~3.jpg
↑久々の自作プリントです。

大きな数字を習い始めたので、
復習できるように。
反復できるように。

一歩ずつ一歩ずつ。

にしむらさんさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)