2018/08/13 10:00

こんにちは!

今週のデイリーサンキュ!を担当させていただきます
嵐田愛と申します。


14期専属読者モデルとなってから、早5年目。
え。
そんなに経ったのかと
時の流れに、身も心もおまかせしております。


改めまして、自己紹介をさせてください。

180813.JPG

東京都在住。
主人、8歳の双子の息子の4人家族です。


昨年末まで、レコード会社に勤めておりました。

高校生だった私は、大人になったら音楽の仕事がしたい。
レコード会社に入るんだ!胸に秘め
高校生の頃憧れていた会社で
12年半の会社員生活を送りました。


入社一週間後に
憧れのアーティストの宣伝チームの一員となり
小学6年生の時はじめて買ったCDの
アーティストと仕事が出来たりと
仲間にも恵まれて
人生二度目の青春のような日々を送り
好きなことを仕事に出来て
とてもラッキーだったと思います。


双子を出産してからは
EC、法務、経営企画、そしてまた宣伝と
様々な業務を経験させていただきました。


子供が小学生になり、保育園とは違う生活。
小学生になったら楽になると思っていたら
我が家の場合は、真逆で
その日を乗り越えるので精一杯。
学童を嫌がるし、心配事は増すし
小一の壁に何度もぶつかる。


家族にとって、どうすることが最良なのか
私はどういう人生を送りたいのか自問自答の日々。


会社員としてやりたい事は、やりきった。
今、息子としっかりと向き合いたい。
働き方改革と言われる昨今、
自分のワークライフバランスに
違和感を感じていたのもあり
家族に気持ちをぶつけ
昨年末、会社員生活に終止符を打ちました。


自分で決めたことなのに
しばらくはロス感がありましたが
今は毎日がとても幸せです。


こんな私が今魅せられているものは
『フィルム写真』
今回のデイリーサンキュ!では
『フィルム写真に魅せられて』をテーマに
書かせていただければと思います。



写真家の濱田英明さん、市橋織絵さんが撮る
フィルム写真の温かみがあって
どこかノスタルジーな雰囲気が好きで
いつか自分もこんな写真が撮ってみたいと思っていました。


そして、なんとなく目にした
安達祐実さんの写真が素晴らしいというニュース。


安達さんの旦那様で
写真家の桑島智輝さんが撮っていることを知り
その写真を見て衝撃を受けました。


隣で寝ていた主人をたたき起こし
この衝撃を伝えたところ
「知ってる。フィルムで撮ってるんだよね。
濱田さんも織江さんもフィルムだね。」と一言。。。


やはりフィルムか。。。


その晩から
私は、フィルム写真を始めようと心に決めたのでした。


これまでも、フィルムで撮った事はありました。


でも、ちゃんとやってみようと始めてからは、まだ5ヶ月。
初心者です!笑


写真を撮る一番の思いは
家族の普段の姿
その一瞬を忘れたくないから、残す。

あとは箸休めに
心惹かれたものもシャッターを押します。

2D707182-2962-44C4-8701-17BC23463733.jpeg

トトロがいそうだねと、冒険気分な息子たちの背中。

2BD7A03C-683D-4117-8147-81A6295B138A.jpeg

息子がおこづいで買ってくれたガム。
「どうぞ。」とくれた手はまだ小さい。

12DB5307-F6CB-4DAE-AA94-537487416124.jpeg

D7F69073-47E6-4249-8F89-E1C0AED3EE55.jpeg

BF1ABECC-105D-4584-AF05-E3946AC364DD.jpeg

コーヒーと
アンティークな機材から流れてくるレコードに耳を傾け
物思いにふけてみた日。笑


フィルムで撮ると
心をこめてその一枚を撮るので
その時の気持ちや記憶は鮮明な気がします。


次回は
『私の愛用しているカメラについて』
書きたいと思います。


長くなりましたが、お付き合いくださり
ありがとうございます!


5日間、どうぞ宜しくお願いします!!


Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)