2018/09/10 10:00
☆ご訪問いただきありがとうございます☆
今週の「Daily サンキュ!」を担当させていただくことになりました。
サンキュブロガー*美晴*です。

大テーマは、「普通の家庭でも☆3000万貯まるコツ」です

普段はブログに、累計3000万円以上貯めた私が大事にしていることなどを綴っています。
私が『サンキュ!』に出会ったのは、2008年5月号!
それから、いろんな記事を参考にし、家庭生活に取り入れてきました。
ペーペーの主婦だった私が、なんとか一応家庭を切り盛りできるようになったのは、『サンキュ!』のおかげ
「某セレブ主婦雑誌に載るような収入ではなくても、普通の家庭でも、意識することで貯めることはできる」ということをお伝えできると嬉しいです
180910.JPG
…………………………

さて。
本題に入る前に、「はじめまして」の方も多いと思いますので、まずは「自己紹介」をさせていただきます。

ブロガー名:美晴
ともに暮らす家族は夫、娘1人(小学生)、息子1人(未就学児)です実家が遠く、育児サポートが日常的には得られない状態なので、夫はずいぶんイクメンになりました
約9年前に頭金2000万円を貯め、新築一戸建てを購入し、現在は残りの住宅ローンも完済していますそして、現在はまた貯蓄も1000万円を超えました

こう書くと、「高収入?」「共働き?」「実家の援助?」などと思われそうですが、どれも違います。
私は結婚後はほぼ専業主婦でしたし(去年は約1年間パートをしていましたが、昼過ぎに終わるくらいの短時間パートでした)、高収入の家庭でも実家の手厚い援助があるわけでもないですが・・・

工夫や意識することで、貯めることはできます!
DSC_0449.jpg
貯めるためにまず重要だと思っているのが、今日の小テーマでもある・・・

@〜見栄をはらない(身の丈にあった生活をする)〜ということです。

例えば、基本的に私は自分のために切り花は買いません。それは、家計に余裕のあるセレブのすること。私は切り花に払う500円があったら、お肉を買います(笑)もちろん、セレブはお花を買えばいいと思います(そういう暮らしに文句があるわけではありません。余裕があっていいなぁとも思います)。言いたいことは、「自分の家庭はそういうことができる家計なのか?」意識するということです。雑誌やブログを見て憧れたり、コンプレックスを刺激されることもあるでしょうけれど、「あぁ、この方はそうなんだな。でも、私は取り入れられないな。」と冷静にスル―することが大事だと思います。
といっても、私も植物は大好きですだから、家の中で鉢植えを育てたり(何年も目を楽しませてくれています)、庭の花を切って一輪挿しに生けたりすることもあります。それが「身の丈にあった生活をする」ということだと思います。
これからだったら「お月見を楽しむ」だけでも、十分自然を愛でることはできますよね。その際、見栄をはってオシャレな器に・・・新しい置き物も買って・・・団子は何種類も・・・などする必要はないと思います。「一年で一番美しい時期の月を愛でる」本来はそれが重要なことなのですから。
IMG_20171201_161338.jpg
本当に大切なことは、「見栄をはること」ではありません。

家計という器に応じた中身(支出)であれば、こぼれる(支出オーバーする)ことはないと思います。


他にも、見栄をはらないことに関連することでは・・・習い事費をかけすぎないように意識しています。
1507873815353.jpg
周りはいくつも習い事をさせているとしても、わが家はそれぞれ1〜2つ。「(長い目で見て)わが家はそれも払える家計なのか?」「本当にそれを習わせる必要はあるのか?」よく考えることが重要です。「仲良しの子が行くから、なんとなく。」「流行ってるし。」「まぁ今は家計に余裕あるから大丈夫よね?」「子どもは全然やる気ないけど、惰性で・・・」などの習い事は、子どもと相談して断捨離しちゃったら良いと思います(もちろん、身の丈に合っていれば&子どもが辛くなければ、いくつやっても問題ないと思います。)


「見栄をはらない」ということは「本当に大事なことは何か」を意識させてくれます。

・・・そして、貯まる!

貯まったお金は、本当に大事なことに遣えるといいですよね

2日めの明日はA〜安くても買わない〜について書こうと思います。良かったら、また読んで下さいね
Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)