2016/07/08 10:00
こんにちは。

今週のDaily サンキュ を担当させていただいている、ひとみずきと申します。
最終日の今日は、「For tidying up the rooms...」がテーマです。
?
***************

「For tidying up the rooms...」
=部屋をきれいに整えるために、すべきこと。
我が家なりの収納や掃除について 
書かせていただけたら…と思います。

***************

初回で書いたように、我が家は築30年超の中古住宅。
家の性能を最重要視してリフォームを行ったため、
費用のかかる間取り変更は最小限。
そのため、収納も非常に少ないです。


まずは、収納のお話を。

玄関あけて、正面のドア。

5.jpg


我が家の数少ない収納のひとつ。
DSC09833.JPG

1階のちょうど真ん中にあり、どこから来ても通る場所。
日用品のすべてを収納。
ここに入るだけの日用品を購入して収納。

DSC09841 (2).JPG

DSC09838 (2).JPG

(次男が触って危険な工具類は、
あえて取りにくい奥側や、高い位置へ。)


例えば、洗濯洗剤の予備は、本来は洗面所に収納をした方が
よいのかもしれませんが、
そうすると、買い出しの時に、
「〇〇があったかどうかは、ここを確認。××はここを確認」
と、在庫確認のために、家中の収納場所を
チェックすることになりかねない。
それって、意外と手間。

使用している容器が空になったら、
ここに取りに来る(その方が無駄な動きが少ない)。
ここに在庫がなければ、新たに買い足しが必要と、
一目でチェックできます。

少ないもので暮らす生活に憧れ、
「予備を持たない」ことも一時期試みたのですが、
無くなって、すぐに買いに行くことは、我が家にはかなり大変。

仕事の日は、どんなに急いでも帰宅は17時を回るのに、
買い物に寄っていたのではさらに遅くなるし、
幼児2人を連れての買い物は、いつも修行の域。(-_-)
災害時のためにも、ほとんどの日用品に関しては 
最低限プラス1 をキープしています。

ただ、必要量以上の予備は、むしろ「快適空間」物が侵入してしまい、
物が、「必要なもの」でなく「邪魔なもの」になってしまう…
それが、私がたどりついた結論です。

「安いから」と買いだめしたがゆえ、
部屋が快適空間でなくなってしまっていませんか?
あるいは、持たない生活を実践しているがゆえに、
予想外になくなって、慌てることが多くなっていませんか?

予備を持ちすぎて、家中にあふれかえっているのは、
適正量ではない。
あるいは、なくて慌てることが多いのなら、
それも自分にとっての適正量ではない。

予備は1つでなくても2つ以上あったっていい。
ただ、ちゃんと収納できて管理できる量に。

当たり前のことですが、それが一番大切だと思っています。


2階には、寝室に、押し入れ2間分の収納しかありません。

そこへ、夫婦二人のオールシーズンの洋服や、
スノーボードや水着など季節のウエア、
また、夫の制服(4種類有り!)なども納めています。

少ない収納スペースだからこそ、洋服も少数精鋭で。
ハンガーの数を決め、それにかかるだけ。
また、基本的にはほとんどすべての洋服をハンガー収納に。
(下着や、伸びる恐れのあるセーターなどのトップス以外)
ハンガーが足りなくなれば、買い足すのではなく、一つ処分を。
ハンガー収納にすることで、たたむ手間も省けます。

具体的には、

夏:10着 冬:10着 フリーシーズン:10着 
と30着以内を基本にしています。

長くなりそうなので、こちらはまた、
別の機会にご紹介できれば…と思います。

我が家の収納はこれが全てです。

***************

次は、我が家の収納法について…。

年長の長男。
来春には小学生になります。

小学生になってから、「あれもこれも自分で」というのは、
ただでさえ慣れない環境に身を置くようになるのに、
精神的にも負担が多い。
だから、今のうちに、「自分でしてほしい」ことは
少しずつ身に着けてほしい。

DSC09850 (2).JPG

キッチンの引き出し。
長男が食べる飴やふりかけ、牛乳に入れるポーションコーヒーなどを、
あえてひらがなで容器に記入して、自分でとれるように。

ちょうど反対側の引き出しには、

DSC09852 (2).JPG

息子が朝食時や、おやつの時間に使用する、
IKEAのプラスチック容器を。
(長男が取れる高さの引き出しに)

ストローを入れているのは、サランラップの箱を切ったもの。
ちょうど、陶器の食器とプラスチック容器を分ける役目にも。

毎日、お弁当に、歯ブラシ&コップ、お皿、おしぼりと、
持っていくものが多い幼稚園。

DSC09844 (2).JPG

レンジの上のかご。

DSC09846.JPG

年長になってから、毎日帰宅後には、自分でカバンから出して、
ここに入れるように、親子で決めました。
ここに入れていなければ、母ちゃん、洗わない。
朝も洗ったものを、私がここに入れて、
長男は自分で巾着に入れてからカバンにしまう。

DSC09862 (2).JPG

毎日使うおしぼりやガーゼハンカチだから、
洗面所ではなくキッチンへ収納。
(左長男用。右次男用。)
長男が、少しでもやりやすいように、今も試行錯誤中です。

それでも、自分でできるように教えているからか、

年中のころから、

DSC09359 (2).JPG

DSC09358 (2).JPG

家事に興味を持ち、
お米を洗ったり、食器を洗った後に流しを洗うことまで覚えた長男。

興味を持っているときに、
少しでも多く生活力を身につけさせたいと思っています。

***************

長くなりましたが、最後に、掃除と家事動線の話も少し。

日用品をストックしている、前出の納戸。
こちらは、ちょうど1階リビングとダイニングキッチンの
真ん中にあるため、掃除用品もここに。

DSC09843 (2).JPG

壁のへこみを利用して、ひっかけ収納。

子どもの食べこぼしなど、すぐに拭きたいときもさっととれる位置。

だけれども、掃除道具すべてを、ここにまとめてはいません。

必ず水と一緒に使う、ぞうきんとバケツ。
DSC09864 (2).JPG

こちらは、洗面台下の収納へ。

同じ「掃除道具」だからとひとまとめにするのではなく、
「必ず一緒に使うもの」の近くへ収納すれば、少しの手間でも省けます。

掃除がしやすいように、メラミンスポンジを、
洗面所やお手洗いなど、各場所に。
DSC09866.JPG

次男の食べこぼし対策に、

DSC09800.JPG

椅子の下に新聞紙。
これなら、食後に新聞紙を捨てればいいだけ。

冷蔵庫にも、
DSC09801.JPG

広告を敷いて。
これは、冷蔵庫の上にも敷いています。


おむつのごみ箱は洗面所手前のここへ。

DSC09858 (2).JPG

DSC09859 (2).JPG


次男のおむつの交換後は、必ず手洗いのため洗面所へ行くので、
その手前にゴミ箱があれば、必ず通る。
また、部屋に置いておくとにおいもこもってしまいがち。

(ちなみに、こちらの籐ラックには、
子どもたちのオンシーズンの洋服を。
長男は自分でとれるように下段2つ、
次男のものを上段2つに。
通園バッグも、子ども自身でここに出し入れしています。)



忙しい毎日だからこそ、

簡単にきれいをキープできるように、

少ない家事動線にして、
「わざわざ動くのが面倒…」
と、ついつい出しっぱなしにならないように。


***************

1.我が家の適正量を見極めること
2.動線を考えて、物を配置すること


本当に本当に、基本の「き」で申し訳ないのですが、

これが、私の

「忙しくても、すっきりを維持できる最低限かつ最大限の方法」
です。



***************

私は、幼少期からインテリアが好きで、
他の子がお姫様を描いている傍らで、
自分で考えた家の間取り図を描くような子どもでした(笑)。
建築家が夢でしたが、あまりの理数系のできなさに断念(涙)。

自分たちの家を建てるときは、建築家に頼んで素敵な家にしたい!
という希望も、
夫を取り巻く環境など、様々な事情で難しく、
結局、中古住宅の購入となりました。

正直、今でも、100%満足しているわけではなく、
おしゃれな住宅がうらやましく思うこともある。

それでも、大掛かりなリフォームを決断してくれた夫には
深く感謝しているし、
母親が忙しいがゆえ、小さいうちから、自分のことをは自分でして、
お手伝いもして…、
子どもたちにも、感謝感謝の日々です。

素敵なインテリアとは、単に家を着飾ることではなく、
家族の誰もが快適に過ごせて、
家族の誰もが家事を気持ちよくできる家。

家のなかのことをするのは、女性=妻・母親が多く、
ついつい、自分だけの好み、
自分だけがわかっていればいい、
そうなりがちですが、

それでは、家族にとっての快適な家ではないように思います。

家族の意見に耳を傾け、
誰もが快適な家であれば、
自然と片付く。
家が整っていれば、インテリアも映える。

そういうものだと思います。




最後になりましたが、

インテリアのプロでも収納のプロでもなく、
ただ好きなだけ。
ちゃんと学んだわけでもなく、
人を引き付けられるような文章能力も写真技術もなく、
稚拙なブログにもかかわらず、ご高覧くださった方に
深く御礼申し上げます。

また、なかなか更新できないにもかかわらず、
今回、このような身に余る機会を下さった編集部の皆様にも、
重ねて深く御礼申し上げます。


今後は、また、月に8〜10回程度の更新になるかと思いますが、
今回、こうやって書かせていただいて、
書きたいことがたくさんみつかりました。
元ブログの方も、覗いてくだされば幸いです。

皆様、本当にありがとうございました!
Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2016/07/07 10:00
こんにちは。

今週のDaily サンキュ を担当させていただいている、ひとみずきと申します。
4日目の今日は、
「the Flowers and the greens」がテーマです。

***************

インテリア雑貨を飾ることは少ない我が家ですが、
観葉植物であったり、季節の花を飾ることで、
部屋が殺風景にならないように気を付けています。

ダイニング。
DSC09746 (2).JPG

タイルカウンターの上に観葉植物を。
IKEAで購入して、約2年。
あまりの成長ぶりに、母ちゃんびっくり。

リビング。
DSC09745 (2).JPG
ここにも
DSC09857 (2).JPG
あそこにも。

DSC09828 (2).JPG
洗面所にも。

DSC09751 (2).JPG
玄関にも。


DSC09796 (2).JPG
2階、階段を上がってすぐの場所。



鉢カバーも、かごや照明と同様、同じものでそろえておくと、

ダイニングから、
DSC09824 (2).JPG

リビングのパソコンデスクに移動させて置いてみたり。

玄関にあったものを、
4.JPG

2階廊下に二つ並べてみたり、

このように、気分や日当たりで場所を変えても、統一できる。


また、母が華道小原流の師範免許所持者で、
実家では、常に花が飾ってあったからか、
私も、できるだけ花を欠かさないようにしています。

idRe5w.JPG
RFNDMDA0MjjZ5w.JPG
RFNDMDA0MjTV4w.JPG
RFNDMDEwNTLT3w.JPG
RFNDMDIzODnh-Q.JPG


お正月には、
2667581.jpg
2387385.jpg

お正月らしい花を。

RFNDMDEwNTPU4A.JPG

せっかくお金を出して購入したものだから、
大きいフラワーベースから小さなものへ。
最後の最後まで楽しむ。

母の日に、夫と息子たちが購入してくれたカーネーション。
2504004.jpg

観葉植物と並べて、色の対比を楽しむ。


ただ、お金がないときは(こっちの時の方が多い)、

UDEwMjA2MTKt7g.JPG

庭で、切っても切っても生えてくるツルのような植物を、
フローティングキャンドルやビー玉と一緒に飾ってみたり、

DSC09543.JPG

冬時期には、枝集めが今も昔も変わらず趣味の長男と、
近くの公園で拾った枝を、フラワーベースに入れただけ。

今の時期なら、家を購入当初からあった紫陽花を飾ってみたり。
DSC09790 (2).JPG

DSC09793 (2).JPG


この、フラワーベースは、
DSC09546.JPG

シルバーの飾り(?)と二重構造になっており、
クリスマス時期は、公園で拾った松ぼっくりを入れるだけでも雰囲気が出る。
(ゼロ円インテリア☆)
一石二鳥アイテムです(笑)

アイビー1本でも、

冬時期は、
DSC00019.JPG

リサ・ラーソンの温かみのあるフラワーベースで。

今の時期には、
DSC00013.JPG

ガラスのものに変えるだけでも、季節感が出る。

同じアイビー類でも、葉の伸び方で
kFGOujRfbQ.JPG

生け方を変えてみる。

同じ種類のものでもフラワーベースを変えれば、雰囲気が異なって見える。

花を活けていないときでも、
DSC09798.JPG

DSC09752.JPG

こんな感じで、見せる収納や、数少ない、部屋のディスプレイ代わりに。


花束を毎週毎週買うのは、予算的にも時間的にも厳しい我が家。
だからこそ、

身近にあるものを利用したり、
同じ観葉植物でも、鉢植えのまま、あるいは、フラワーベースに1本だけ入れて飾る
など、見せ方を変えるだけでも、何もないより部屋に温かみが生まれる。

すっきり=殺風景 にはしたくない。
すっきりだけれども、温かみのある部屋作りが理想。
そして、たどり着いた結論が、

花や観葉植物は欠かさない。 

それが、我が家のすっきりさせつつ、おしゃれにみせるインテリアの方法のひとつです。


本日もご高覧頂き、本当にありがとうございます。
Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2016/07/06 10:00

こんにちは。

今週のDaily サンキュ を担当させていただいている、ひとみずきと申します。
3日目の今日は、
「the covers,clocks and so on...」がテーマです。
?
***************

「the Covers,clocks and so on...」
 =ファブリックや時計など、生活に必要なものをおしゃれにみせること
  

例えば、クッションにカバーをかけずに使用している方は少ないはず。
ほとんどの方は、カバーをかけていますよね。
そんなカバーも、デザインに凝るだけで、インテリアをおしゃれに見せることも可能だし、
季節感も添えられる。

現在のダイニングに置いてあるクッションのカバー。

3.JPG
?
DSC00018.JPG


照明とも相性の良いブルーで、ポリエステルの素材感は、
肌触りがひんやり、涼しさもある。

冬は、

DSC09549 (2).JPG


キリム柄と、グリーンのカバーを。

クッションカバーだけでなく、カーテンも春夏と秋冬で交換すれば、
部屋の雰囲気はガラッと変わるはず。
素材も重視して選択すれば、夏は涼しく、冬は暖かく、
部屋の温度調整も可能。
我が家は、春夏用のカーテンを探して、早2年。
まだ、これというものに出会わず、万年床ならぬ万年カーテンです。
今年こそ、見つけられるかな…。

布団カバーだって、部屋の雰囲気に合わせて選べば素敵。


同じカバー類ということで、ティッシュケースもこだわって…。

リビングに。

DSC09804.JPG

DSC09823 (2).JPG
(BUNACO)



?

DSC09776.JPG

寝室に。
(フランフランで購入)



?

DSC09828 (2).JPG
洗面所に。
(tente)



また、常に壁にかかっているであろう時計をこだわってみても、
おしゃれのポイントになります。

ダイニング。

DSC09741 (2).JPG
造形家丹羽望氏デザイン KAY9


木製ですが、丸くはない。
あまり見かけない、変わったデザインがお気に入り。
向きを90度、横に回転させても使用できます。

リビング。

DSC00012.JPG
言わずと知れた、アルネ・ヤコブセン。


どちらも、アクタス商品を扱う茨城のショップHome sicで購入。

ただ、「わかること」が重視の子ども部屋だけは、

DSC09774.JPG

こちらをニトリで購入。
一生懸命、時計を読めるように頑張っている長男です。
(3時150分! とか、ありえない時間を言っているのが、可愛い(笑))。


他にも、
DSC09757 (2).JPG

DSC09759.JPG


購入時のままのパッケージではカラフルすぎる洗剤などは、
詰め替え容器をシンプルなものに交換したり、
(無印のかごは、洗濯ネットを入れています)

DSC09830 (2).JPG


洗面所におく歯ブラシスタンドなどをこだわってみたり、
(the CONRAN Shopで購入)
(洗濯洗剤の容器と色・質感をそろえて)

雑多な印象にならないように、色の氾濫に気を付ける。
ただ、それだけで、部屋はすっきりおしゃれに見える…、
そう思っています。


昨日の照明にも共通することですが、

こどもが、長男一人だったときは、

DSC03677.JPG
DSC03685.JPG

無印のかごを使用して、リビングにおもちゃを置き、

現在は、子ども部屋で使用したり、
DSC09856.JPG
(工作好きの長男のために、空箱収集…)

DSC09854 (2).JPG




納戸で使用したり、

DSC09834 (2).JPG



上の写真のように、洗面所で使用したりと、

家で使用するかごを、部屋ごとに分けるのではなく、
同じものでそろえておけば、
ある部屋で不要になっても、他の場所で使いまわしがきき、
無駄に多く持つこともなく、
便利かつ家全体の統一感も生まれ、一石二鳥だと思います。


常に出しておいたり、目につくところに置くものにこだわってみたり、
おしゃれあるいはシンプルにみせること、


それが、我が家のすっきりさせつつ、おしゃれにみせるインテリアの方法のひとつです。


本日もご高覧頂き、本当にありがとうございます。

Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2016/07/05 10:00
こんにちは。

今週のDaily サンキュ を担当させていただいている、ひとみずきと申します。
2日目の今日は、「the Wallpapers」がテーマです。
?
***************

「the Wallpapers」=雑貨を飾らなくとも、壁紙を工夫すれば、部屋はおしゃれに見える
です。


我が家の壁紙はアクセントカラーを使用したり、エコカラットで壁の質感を変えたり、
白一色にならないようにしています。

一番のお気に入りは、

140318-025.jpg

寝室。

和を基調とした雰囲気で。
DSC09819 (2).JPG

白い壁紙の方も模様が入っており、
柄×柄 の組み合わせです。

廊下を挟んで反対側にある和室から見る、

2.JPG

この感じが好き。

その和室は、
DSC09777 (2).JPG

こちらもネイビーをアクセントカラーに。
北側のあまり日の当たらない部屋なので、こちらは、白を基調にしつつも、
一面だけアクセントカラーを取り入れています。

寝室から見た和室は、

DSC09799.JPG

こんな感じ。

どの部屋も、ドアを開けっぱなしのことの方が多い我が家。
柄や色のある壁紙だと、
ドア枠がフレーム代わりになって、
ほかの部屋から見ても、その壁を一層引き立ててくれる。
自己満足ではありますが、そう感じています。

子ども部屋は、

DSC09779 (2).JPG

140318-023.jpg

(こちらの写真は、家具を入れる前のものです)

写真ではわかりづらいですが、
グリーン系無地の壁紙×グリーン系チェックの壁紙の組み合わせ。

2階のお手洗い。

DSC09860.JPG
2403535.jpg

和の雰囲気の壁紙を、背面から天井までつなげて。


・・・1階へ・・・。


玄関ドアを開けて正面、階段の壁紙は、
2393344.jpg

2393345.jpg
格子模様。

2393358.jpg

DSC09793 (2).JPG

玄関左側、靴箱の飾り棚部分の壁に張ったエコカラットと、
格子×格子でリンク。

リビングにもエコカラットを使用。

140318-013.jpg
(現在のソファ購入前の写真です)
DSC09794 (2).JPG

こちらの部屋は、三面、白い壁紙ですが、
一面だけ、エコカラットで壁の質感・表情を変えています。

また、1階のお手洗いは、

140318-009.jpg

背面は、エコカラットグラナスルドラを。
両側面には、エコカラット布柄を。

白い壁紙でも、
DSC09796 (2).JPG

こんな感じで、ガラスブロックをはめ込めば、
採光としての機能だけでなく、壁をおしゃれに見せるアクセントにもなる。

***************

海外インテリアでは、壁に色や柄があるのは当たり前。
壁紙によって、その部屋のおしゃれさがぐんと上がる。

自然住宅が流行りの、現在の日本の住宅。
漆喰や珪藻土もとても素敵。
でも、壁紙のように模様を入れることは難しい。

塗り壁には塗り壁の良さが、
壁紙には壁紙の良さがあります。

予算の都合で塗り壁にできなくても落ち込むのではなく、
せっかくだから、色や柄のある壁紙で遊んでみてはいかがでしょうか?

きっと、いっそう、お部屋が素敵に変わると思います。

もし、建売住宅で壁紙が白一色だったとしても、
壁紙の張り替えは、それほど高価ではありません。
壁紙の上から、エコカラットなら張ることができます。
(タイルは…、どうなのでしょうか?…)
壁紙を替えることで、画一的な部屋も、
オリジナリティが出るかもしれません。

我が家も、購入当初は白一色だった壁を、

RFNDMDI0MDTV5w.JPG
RFNDMDIzODjg-A.JPG
RFNDMDI1MTTX7A.JPG

壁紙の上から塗れるペンキでDIY塗装していました。
リノベ後は、夫から塗装厳禁のお達しがでましたが・・・(-_-)

インテリア雑貨をたくさん買うより、壁紙に凝ることで部屋の雰囲気を作る

それが、我が家のすっきりさせつつ、おしゃれにみせるインテリアの方法のひとつです。


実は、リビングの白一色や、ダイニングの壁紙に満足がいかなかった我が家(汗)。
来春を目標に、数か所、壁紙の新たな張替えを検討中。
そのためにも、貯金を頑張ろう(*'▽')


本日もご高覧頂き、本当にありがとうございます。


Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2016/07/04 10:00
初めまして。

本日より5日間、Daily サンキュを担当させていただくことになりました「ひとみずき」と申します。


まずは自己紹介を。。。

4月に不惑を迎えた私。
昨年11月より仕事をはじめ、
週3回(月13日程度)、9:00〜16:00まで、学校の非常勤職員をしています。

一つ上の夫は、鉄道業に携わっているものの、趣味は「車とドライブ」(笑)。
細かいところがたまにキズだけど、洗濯も掃除もおむつ替えもOKのイクメンです。
(イケメンではないのが残念!・・・笑)

長男5歳。(幼稚園年長児)
夫の血を引いてか、大の鉄道オタク。
北海道新幹線とはやぶさの違いもばっちりです。
なんなら、シルエットで列車をあてちゃう。
2歳のころから、なりたいものは
「スーパーひたち(車種まで指定!)の運転手」。
ある意味、現実的な夢の持ち主。

次男1歳8か月。(保育園児)
こちらも夫の血を引き、大の車好き。
愛読書は、1歳にして、夫が購読を欠かさない「ベストカー」( *´艸`)
ご自慢の愛車で、毎日家の中を爆走中!
どんなにスピードを出しても、絶対に壁やドアにぶつからないという、
天才級の運転さばき。
気分がすぐれないときは、わざとママに突進する、
若干運転が荒いオトコ。
でも、最後はちゃんと指定位置に、バックで駐車。
DSC00011.JPG
リビング脇のソファが駐車場。


DSC09832 (2).JPG

(昨秋の長男の七五三。着物は夫が七五三で着ていたもの。
インテリアも、流行より世代を超えて長く使えるシンプルなものが好きです。)

男3人に私の、毎日にぎやかな家庭です。


***************

さて、週3日といえども仕事をしていると、毎日ばたばた。
子ども二人の通う園が異なるので、仕事の日は、
8時前には家を出て、帰宅は17時過ぎ。
喘息と貧血の持病のある次男は、定期的な病院通いも必要。
長男の幼稚園の役員もしており、6月末に大きなイベントがあったため、
特にこの3か月は、毎日本当に忙しく…。
長男は幼稚園なので、平日に参加しなければいけない行事も多く、
ここ三か月で、一日フリーだった平日は、
正直ほとんど記憶にありません…。

きっと、仕事の有無にかかわらず、幼子がいると、
子どものお世話に忙しく、
気が付けば、「家はめちゃくちゃ、でも、掃除もできない〜 」
という方も多いのが現状ではないでしょうか?

我が家は、私と次男が喘息もち。
そのため、できるだけ埃のない、きれいな空間づくりは必須です。

そんな私の、試行錯誤の末たどり着いた、
『忙しくてもすっきりを維持、だけれども、
「インテリアも素敵☆」といわれるような空間づくり』 

を5日間に渡って掲載したいと思います。

本日は、
@the Lightings
明日以降、
Athe Wallpapers
Bthe Covers,clocks and so on...
Cthe Flowers and the greens 
DFor tidying up?the rooms...

のテーマでお送りしたいと思います。
ご高覧いただければ幸いです。

***************

我が家は、当時築28年だった中古住宅を6年ほど前に購入。
壁紙や床の張替えなどはされており、
15年ほど住むことができればよかったので、購入当時はそのまま居住。

震災後、様々な事情で、当初の予定より長く住むことになり、
一昨年、大掛かりなリフォーム(リノベーションになるかな?)を行いました。
ただ、断熱材の入れ替えや複層ガラスへの交換など、
家の性能を上げることを重要視したこと、
また、大手住宅メーカーの家で、規格がそのメーカー独自のものであり、
我が家がリフォームをお願いした会社(メーカーではない)では、
大掛かりな間取り変更は難しかったため、
1階の間取りは建築当初のまま。
2階も、一部、部屋面積を狭くして、その場所にお手洗いを設置した程度の変更のみ。
今のおしゃれな住宅とは異なる、限られた予算・工事制限で行ったリフォーム住宅です。



***************

本日のテーマは、「the Lightings = 照明」です。

忙しくても、部屋をすっきりさせつつ,おしゃれにみせるために、
私がたどり着いた結論は、

「物は、適切な量を持ち、適切な場所に収納する。
インテリア雑貨を飾るより、家や暮らしに必要なものにこだわること」


です。


家に照明がなければ、暮らすことは難しい。
けれども、例えば、日本の建売住宅の多くは、
どの部屋も丸いシーリングタイプばかり。
部屋の明るさを重視しすぎて、おしゃれさには欠けているのが、
現状ではないでしょうか?

でも、照明ひとつで、部屋をおしゃれに見せることはできるし、難しいことじゃない。

1.JPG
 
DSC09548.JPG

ダイニングで使用している、ムラノガラス。
照明を消していても、鮮やかなブルーがきれいで、
木製家具が基調の我が家の、ダイニングのポイントに。

色違いのムラノガラスを
140318-015.jpg

DSC09760 (2).JPG

洗面所で使用。

ちなみに洗面所では、こちらの照明も。
DSC09764 (2).JPG


お手洗いは、
DSC09737 (2).JPG

1・2階ともに、同じ黒の陶器製のもの。(パナソニック製)


色ではなく大きさや形を重視して照明を加えても、インテリアのポイントになります。

リビングでは、
DSC09742 (3).JPG

DSC09743.JPG

重なりがきれいな、建築家伊東豊氏デザインの「MAYUHANAU」。
北欧を代表する、レクリントとも迷いましたが、
お値段の調整がつかず( *´艸`)、こちらを購入。

和室では、
DSC09784.JPG
(次男、ブロック遊び中( *´艸`))

林工芸のもの。
夫だと頭に当たってしまうのですが(汗)、
付けたとき、和紙からもれる光がきれい。
DSC09766.JPG

こちらも、ノグチイサムのAKARIシリーズと迷いましたが、
「豆球がつく」(夜真っ暗では寝られない)、
ただそれだけの理由で最後はこちらに決定。
(病気の時などに兄弟感染を避けて、ここで寝ることもあります)

****************

小さめの照明を複数にしておくと、
例えば、上下階のお手洗いの照明2つと、ダイニングの照明を交換したり、
ダイニングの、ブルーのムラノガラスの一つを、洗面所の白と交換したり、


あるいは、テイストをそろえておけば、
例えば、和室とリビングの照明を交換したり、


今のインテリアに飽きたら、部屋同士で交換することで、雰囲気を変えることもでき、
非常に便利です。
なかなか新しいものと交換できない照明だからこそ、

おしゃれにこだわり、時々は部屋同士で交換できるようにもしておく


それが、我が家のすっきりさせつつ、おしゃれにみせるインテリアの方法のひとつです。


本日覗いてくださった方、本当にありがとうございました。
(小心者なので、私に需要があるのか、実は心臓バクバク)
Dailyサンキュ!さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ