2019/02/10 21:32

主婦美さんの居住地はプチ田舎である。


国道や東名があるから車で移動するにはとても便利だが、


シャレオツなお店がないのがやや残念だ。


大型スーパーやチェーン店、ファミレスなどは充実しているが、


まず何と言ってもデパートがないっ!


ショッピングセンターは車で30分くらいの場所にあるが、


くどいようだがデパートはないんですよ。


実家がプチ都会だった私から見れば、この居住地は都落ちに値する。


でも仕方がない…ここにしか結婚のご縁がなかったのだから…。


 


さて、そんなわけでここにはユニクロもない。


だが私にとってユニクロの有無は全くもってノープロブレム。


ユニクロファンの方には大変申し訳ないが、私はアンチ派である。


なぜかと言うと、昔のユニクロの楽しかった記憶があるからだ。


昔のユニクロは、今で言うところのセレクトショップのような形態だった。


アウトレット品のセレクトショップという感じで、


型落ち品や展示品などをブランドにこだわらず安く販売しており、


1点物や激安品を見つけると買い物の醍醐味に浸れたものだ…。


でも今のユニクロにはその楽しさがない。


それゆえ私の心はユニクロから離れてしまった…。


 


ところで、ここにはユニクロはないがワークマンがある。


ワークマン…最近何かと人気の急上昇ワードだが、


私は数年前に自分の嗅覚でワークマンの存在にたどり着いた!


「自分の嗅覚で」…はい、ここ大事だからね〜、テスト出るよ〜。


 


秋はダンナの誕生日があり、「プレゼントどうしよ〜」と思っていたある日、


ワークマンのセールのチラシが入っていたのである。


いつもは気にもしないワークマンだったが、


ダンナの好きなハーフジップアップのトレーナーが掲載されていた。


ハーフジップアップは探そうとすると意外と見つからない。


それがこんな身近で激安価格ぅ!!


こ、これは…この目で確認せずにはいられないっ!


 


ワークマンは車で5分の場所にある。


暗っぽい店内が古着屋さんのようでちょっと異質だが、


ゴキブリも恐れぬアラフィフィフのおばさんにコワいものなどない。


堂々と胸を張って店内へと入ると…何ということでしょう!


そこにはお安くて機能的でスタイリッシュなお洋服の数々が!


しかもカラフルなレディース用まで揃っているではありませんか!


 



f:id:kajiiyasyuhumi:20190210193143j:plain


↑2900円が1900円に!十分安いが1500円になったら買いだな…w


 


ワークマン=男物=ガテン系という概念を覆された主婦美さん。


すっかりギャップ萌えし、ワークマンの虜となってしまった。


私に株を買うお金があれば、ワークマン株を買って応援したいほどだ。


 


先ほど私は「自分の嗅覚で」と書いたが、


ワークマンはユニクロと違い、たま〜にしかチラシが入らないため(年数回か?)、


アンテナを高くしていないと見落とされがちである。


このようなコアな情報を誰かに教えてもらったわけでなく、


自力で知り得たという意味で、余計に愛着が湧き、応援したいと思った。


また、「みんなに知られてない店」という優越感も買い物心をくすぐる…フフッ。


最近はすっかり有名になってしまって残念なのだが、


ワークマンにはユニクロがなくしてしまった買い物の醍醐味が確かにある!!


 


ワークマンについては前後編2回に渡ってお届けしよう。


ちなみに私はワークマンの回し者ではないし、


昔のユニクロを懐かしんでいるだけの、通りすがりのブロガーだ。


ユニクロを陥れるつもりもないので、安心してお読み頂きたい。

家事嫌主婦美さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ