2014/09/29 07:15
4歳の我が家の長男、とと。は、自閉症スペクトラム障害です。


とと。が、3歳をすぎた頃…発達の遅れを心配して療育センターの受診を決めた…。
ちゃんとした診断を受けた方が今後、良いのではないか。と思っていたからだ。
ただ…療育センターは、予約が3カ月先までいっぱいだった…
受診までの3カ月…ただ、待って過ごすのがもったいない気がして…市でやっている、デイサービスを見学してみる事にした。
これは、発達に心配のある子どもが対象のものらしい…


初めてのデイサービスの見学!!
とと。は、すぐに先生方と一緒に 何かをする。って事は出来なかったが…何だか楽しそうだったのは、見てわかった。
先生たちは、言語療法士さんではないものの全員が保育士さんで…とと。みたいに言葉の遅れがある子どもには、遊びの中で 言葉を促したり 表現の方法を教えながら関わってくれる。
生活以外のルールだったりも指導してくれるみたいだ。

2回目の見学に行った時に、療育センターに受診をして 診断を受けてから…正式に通い出したい。と伝えた。
私は、療育センターで診断を受ける前から…きっと、とと。のは、何らかの療育が必要だろう。と思っていたので…療育センターにも定期的に通う事になる。と、思っていた。
全ての中で、療育センターでの療育を最優先させようと考えていたので…どれくらいのペースで療育センターに通うかがわかってから、デイサービスには通いたかった。
3カ月先の療育センター受診までの間、デイサービスにはお試し見学として何度か体験参加させて貰っていた。

そんな体験参加をしているうちに、とと。も、段々慣れてきてくれた。
何も言わなくても、張り切ってデイサービスの部屋まで行ったり…
少しずつ先生たちとの距離も縮まって来ているのが、わかった。


この頃…
我が家では、とと。の幼稚園入園をどうするか…。を何度も旦那様。と話し合っていた…。
年少(3歳クラス)から入園するか…はたまた、年中(4歳クラス)から入園するか…
子どもたちが寝静まった後…夫婦で何度も…本当に、何度も…。


今回のお話は、ここまで。続きはまた、今度!!
読んでくださった方、ありがとうございます!!
いちこさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ