2018/11/29 00:00



夫婦には
その夫婦にしか
わからないことがある


何度も
聞いたことのある言葉ですが
若い時には
あまりわからなかったかも

でも

年月を重ね
私自身も感じますひらめき

我が夫婦では
『まぁOK』でも

他のご夫婦には
『変』や『イヤ』
『考えられない』
こともありあせあせ(飛び散る汗)

その逆もある


いちょう.JPG


ここ最近
ある夫婦が
卒婚したという
ニュースを拝見しTV

「なんかわかるな〜」
と 
つぶやいている
自分がいました

猫

我が家
夫も私も
その男性と
同い年です

子どもの年齢も近い

24年って
ふりかえれば
あっという間でも

赤ちゃんが
一人の大人に
成長するほどの年月です

時計

それだけの時間があれば

色々なことが起こり

起こったことへの
感じ方
接し方も
対応方法も異なり
戸惑うことも

(夫婦って
別人ですし
他人ですからね)

それぞれが
別のペースで成長し
大切なものや
価値観が変わってくることも
あるでしょう


変わったのではなく
見えなかっただけかも目

見えないふりを
していたのかもしれないし

自分の理想に
相手を当てはめて
気がついたら
「違った……」とか

自分の期待通りじゃないことに
(自分勝手に)
がっかりすることも
あるかもしれませんバッド(下向き矢印)

いちょう2.JPG

今は 人生が長い

昔のように
子どもが成長したら
定年とか

残りの人生
夫婦二人でのんびり
とは限らない
(もちろん
そういう方もいらしゃいますが)

私たち夫婦の場合だと

もう1回
24年過ごして
70歳がやってくる

それでも
まだまだ
仕事も現役手(グー)
という方だっていますよね


いちょう3.JPG


その現実を見た時

今の自分
夫婦のままでは

夫や家族・親類に
これまでと同じ対応では
続かないかもしれない
と 感じることも


猫


だから 私
ここ数年
試行錯誤して
楽しんでいます


・言い伝えられてきた
・自分がこれまで見てきた
・一般的と言われる
「結婚」や「夫婦」
に とらわれず

自分たち流のスタイル

作ってみようって

正解は
あるようで
ないものだから決定

夫婦という
定義の幅を広げるって
言ったらいいのかな晴れ

いちょう4.JPG

これからも

その時々

臨機応変に家

『こうでなくちゃ』
より
『こうしたい』
で 
進んでいっても
いいのかもって

いちょう5.JPG

これまで

派手にケンカをしたり爆弾

もう無理と思ったりたらーっ(汗)

色々あっても

今までを振り返ったら
やっぱり夫には

「一緒に
子育てしてくれてありがとう」

「大学を卒業してすぐから
ずっと
生活を支えてくれてありがとう」

「結婚して 二人の子に
合わせてくれてありがとう」

って
感謝の気持ちが
浮かびます

*


だからかな

発表された
お互いを思い・気遣う
コメントや発言に
共感できる部分が
あったのでした


離れたからこそ
自分の人生を
取り戻せる人もいる


離れて初めて
「あの人案外良い人だった」
「してくれていたことに
今頃 気がついた」

おっしゃる方もいますプレゼント

一方

長年 もろもろの
憎しみを抱き続けパンチ

小さな嫌がらせを
する・される
日々の方もがく〜(落胆した顔)

だからといって
別れるという選択は
ない場合も


やっぱり
何を良しとするのかは

その人

その夫婦にしか
わからないこと
なのでしょう手(パー)

いちょう6.JPG

東京駅
大手町周辺のいちょう
見頃で〜す♡





若松美穂さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
プリンさん

私も、プリンさんが下さった一言で
今、かなり幸せです。

ここで出会ったプリンさんは、
私の人生を救ってくれた方の一人ですよ〜♡

北風と太陽の太陽を教えてくれた人。



話題になってますね。卒婚。
この先……と考えて至った結論なのでしょうね。

夫がもし、自分の友人だったら?親友になれる人だと思えるなら…そんな人ならこの先も一緒に人生助けあっていけそう。なのかな?
ふ、とそういう思いになりました。
夫といると心地良いので……まあ幸せかな(笑)