1. トップ
  2. 家事
  3. たまごの殻を捨てずにリメイク!今年はイースターエッグを作ってみる?

たまごの殻を捨てずにリメイク!今年はイースターエッグを作ってみる?

2017/04/15【 家事 】

イースターエッグ作り
明日4月16日はイースター。もう日本でも馴染みのあるイベントになりつつありますね。イースターはキリスト教の復活祭で、クリスマスと同じように飾りつけをしたり、ごちそうを食べたりして家族とお祝いをします。そのなかでも欠かせないのがたまごやたまごの殻をカラフルに色づけて飾る「イースター・エッグ」です。




ゆでたまごに食紅でデコレーション!
サンキュ!トップブロガーママーリオさんは、子どもと一緒に作るならと殻ではなく、ゆでたまごでイースターエッグを作りました。丸いたまごに絵を描くのは大人でも新鮮で楽しかったそう。食紅などを溶かした水にちょっと酢を入れて、ゆで卵を浸して地色を染めたのもポイントです。


たまごに触らなくても描ける装置を作りました
MjAxMDA0MTkgMDIwIILMg1KDc4FbXpk.jpg
イースターエッグリベンジ
サンキュ!トップブロガーママーリオさんはたまごの殻で作るイースターエッグにもチャレンジ。本で見たたまごの殻を竹串にさすこの方法なら、子どもでも割らずに絵を描くことができます。描き終わったあとも、このまま乾かせてとっても便利!



大人っぽい春のイースターエッグなら押し花
MjAxMDA1MDIgMTM2IILMg1KDc4FbX4s.jpg
押し花の卵
サンキュ!トップブロガーママーリオさんは大人っぽいイースターエッグも作っています。使ったのは押し花。最近ではネイルやスマホケース、アクセサリーにも使われています。たまごの殻にそのまま糊で押し花をつけるだけで作れるので簡単さも魅力です。


あえてそのままが素敵な鳥の巣アレンジ♪
image-e434b-thumbnail2.jpg
小さな場所で愉しむインテリア①-イースター
サンキュ!トップブロガーkikoさんはシンプルなイースターエッグのインテリアコーディネートを紹介してくれました。上の棚にあるの卵がイースターエッグ。おしりにまち針で穴を開けて中身を出し、酢水で中を洗浄しギフトラッピングについていた梱包材を、卵の巣に見たてて置いてみたそうです。


エッグスタンドを使ったおしゃれイースターエッグ
13-b0412-thumbnail2.jpg
キャンドゥのうさぎを使って
サンキュ!トップブロガーバロンママさんは、エッグスタンドに穴の空いたたまごの殻を入れ、そこにビオラを飾りました。こんな春らしいイースターエッグも素敵ですね。近くにうさぎの置物を置くだけでイースターの飾りが完成!



イースターエッグはたまごの殻でできるので、材料はすでにおうちにあるもの。ちょっとした工夫で楽しむことができるので、色づけしたり飾ったりなどオリジナルのたまごの飾りつけを楽しんでみてくださいね。


(参照:口コミサンキュ!

※記事内容でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

家事の人気テーマ

こちらの記事もチェック!

家事の新着記事も見てね

AND MORE

家事の人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP