1. トップ
  2. 家事
  3. 話題沸騰中の「カップのふちクッキー」をもっと楽しくする方法7

話題沸騰中の「カップのふちクッキー」をもっと楽しくする方法7

2017/05/07【 家事 】

クッキーをカップのふちにちょこんと乗せたりぶら下げたりする、「カップのふちクッキー」が、SNSを中心に話題沸騰中! そこで、特別な道具を使わないで作るコツと、もっと楽しむためのアイデアをご紹介。家族や友だちと盛り上がったり、1人でほっこり癒されて!



家にある道具でも作れる「カップのふち」カンタンアイデア7


星形リング
1D6A0975.jpg
ストローやロングスプーンに合わせたい、リング形。同じ星型の大小を使って抜くだけでOK。組み合わせるストローやスプーンの太さを測っておくのを忘れずに。色違いを添えれば、さらにかわいい!


ハート形
1D6A0974.jpg
人気のハート形に切り込みを入れて、ふちクッキーに。切り込みは、幅1cm×長さ2cmくらいが目安。やや厚手のカップにも対応できます。手持ちのカップに合わせて幅や長さを調節すると、よりフィットします


女の子
1D6A0995.jpg
にっこりほほえむ女の子の顔形クッキー。丸型で抜いたあと、竹串で自由に顔を描きます。子どもの似顔絵にしたり、好きなキャラクターを描くのも手。おやつに添えれば、子どもの笑顔がはじけること間違いなし!


カップのボタン
1D6A0997.jpg
いつものカップにカラフルボタンを添えてちょっとよそいきに。ボタンは丸く抜いたあと、中心をストローで抜くだけ。ひもやリボンを使って、カップの持ち手に結びます。食べられるアクセサリーのでき上がり


つかまりジンジャーマン
1D6A1001 (2).jpg
「マシュマロが入ってる?」。かわいいささやきが聞こえてきそうな、つかまりクッキー。おなじみジンジャーマンクッキーの型で抜いたら、胸の部分に薄くサラダ油を塗った割り箸をのせ、軽く押しつけて。手の部分を少しのばしながら割り箸の上に掛ければ準備OK。割り箸ごと焼き、粗熱がとれたらはずします
1D6A0979.jpg


カップのお花
1D6A1005.jpg
カップのふちに花を咲かせる、のせるタイプのクッキー。オーブン用シートを敷いた天板に薄くサラダ油を塗った割り箸をのせ、棒状に切った土台用の生地をのせて押さえ、U字形にします。花形を重ねて軽く押さえ、土台に貼りつければOK。割り箸ごと焼き、粗熱がとれたらはずしましょう
1D6A1008.jpg


ぶら下がりゾウさん
1D6A1003 (2).jpg
長い鼻をグラスに引っ掛けてぶら下がる、ゾウさんクッキー。厚紙などで好きな形の型紙を作り、ナイフで生地を切り抜いて作ります。あらかじめ、型紙をグラスなどに掛けてバランスをみておくと、失敗が少なくなります


いかがでしたか? クッキーさえ焼ければ誰でも作れるのがうれしいし、オリジナルのデザインを自由に考えられるのも楽しいですね♪
ちなみに、基本のクッキーはやや厚めにするのがコツです!


参照:『サンキュ!』5月号「カップのふちクッキーに夢中」より一部抜粋 監修/森崎繭香、撮影/公文美和、取材/田久晶子、文/田谷峰子
『サンキュ!』最新号の詳細はこちら

家事の人気テーマ

こちらの記事もチェック!

家事の新着記事も見てね

AND MORE

家事の人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP