1. トップ
  2. 家事
  3. シンプルルールで朝ラク!挫折しない“おべんとう”の作り方

シンプルルールで朝ラク!挫折しない“おべんとう”の作り方

2017/03/15【 家事 】

忙しい朝に作る毎日のおべんとうは大変です。おかずの組み合わせ、彩り、詰め方などなど、ごくフツウのおべんとうを作りたいだけなのに、考えなければいけないことがたくさん! そこで、「朝考えなくてもOK!」「シンプルなのにおいしく見える」おべんとうをラクに作るための簡単ルールとおべんとう例をご紹介します!


挫折しない秘訣はボリュームメインおかず&のっけ”
おべんとう作りは、実は調理よりも献立に迷ったり、詰めている時間のほうがかかるもの。そこでオススメなのが、「ボリュームメインおかず&のっけべんとう」。作っていて迷ったり品数が足りないと感じるのは、白いご飯の面積が広いから。メインのおかずをご飯にどーんとのっけて、空いたところにサブおかずを添えれば悩みは解決。サブは前の日の残りや市販の漬物でもいいので、サブおかずに悩む時間も詰める時間も解消します!


~例えばこんなおべんとう~

「鶏の照り焼きべんとう」

<メイン>
鶏の照り焼き甘酢しょうがのタルタルがけ


【材料(1人分)】
鶏もも肉・・・100~150g
塩・・・少々
薄力粉・・・適量
サラダ油・・・小さじ1
(みりん、しょうゆ各大さじ1 はちみつ小さじ1~2)
(しょうがの甘酢漬けのみじん切り4g 万能ねぎの小口切り1本分 マヨネーズ大さじ½ しょうがの 甘酢漬けの漬け汁小さじ1/4)


【作り方】
1. 鶏肉は厚い部分を切り開き、塩を全体にふってから薄力粉を薄くまぶす。
2.フライパンにサラダ油を中火で熱し、鶏肉を皮目から入れて焼く。焼き色がついたら裏返してふたをし、弱火で5分蒸し焼きにする。ふたを取って余分な脂をペーパータオルで拭き、を加えて煮つめる。
3.を混ぜ合わせ、タルタルソースを作る。鶏肉を食べやすく切って盛り、ソースをかける。


<サブ>
れんこんとかぼちゃのソテー
きゅうりの塩昆布あえ
青じそ

れんこん&かぼちゃは鶏肉を焼く前にフライパンでさっと焼くだけ。きゅうりを塩昆布であえて添えれば、箸休めになります。


いかがでしたか? メインをどーんとのせるだけでも満足感たっぷり。メインおかずはフライパンで10分だし、サブもパパッと加熱するだけ。こんなスタイルなら毎朝続けられそうですね!


参照:『サンキュ!』3月号「朝考えないおべんとうのコツ」より一部抜粋 監修・写真/栁川かおり、取材/田久晶子、文/田谷峰子
『サンキュ!』最新号の詳細はこちら

家事の人気テーマ

こちらの記事もチェック!

家事の新着記事も見てね

AND MORE

家事の人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP