1. トップ
  2. 家事
  3. 【動画付き】感動!つるりとゆで卵がむける技

【動画付き】感動!つるりとゆで卵がむける技

2017/12/27【 家事 】

黄身がとろっ、白身がぷるんとした半熟卵、殻を剥く時に割れてしまったり、表面がボコボコになってしまったり…うまくむけずに苦労したことありませんか?今回は、卵を極めた松浦達也さん直伝の最高の半熟卵の作り方と絶対に綺麗に殻がむける方法をお教えします。

1 沸騰から6分半加熱し急冷する

加熱前にお尻に画鋲などで穴をあけた卵を沸騰した湯に入れ、水面がボコボコ泡立たない火加減で6分半加熱したら、冷水で急冷する。時間のロスが少ないだけでなく、卵が揺れず割れにくいのでざるはぜひ使ってくださいね。急冷してしっかり冷やすことも怠らずに!

2 細かく優しく殻にヒビを入れる

穴が開いているおしりからスプーンをドラムのスティックの様に優しくスプーンの重量に任せて優しく全体にヒビを入れていく。細かく、優しくヒビを入れないと割れる原因になるのでここは丁寧に!

3 水をあてながら少しずつ剥く

穴が開いているおしりから殻と白身の間に水を流しながら、少しずつむき進める。親指をグッと押して白身から少し離すことを繰り返していくと、つるつるつるりーん!

ゆで卵の殻がつるりとむける気持ちいい動画はコチラ!
18秒からは、必見〜♪です。



綺麗にゆで卵の殻をむくためには、細かく、優しくヒビを入れてあげること、水をあてながら少しずつむくことの2つが特に重要!騙されたと思って、その通りにやってみて。あなたにもつるりと卵がむける感動の瞬間が訪れること間違いなし!
このゆで卵を使った究極の味付卵のレシピをサンキュ!2月号でご紹介しています!
そちらも是非チェックしてくださいね♪♪

監修/松浦達也、撮影/寺澤太郎、スタイリスト/青野康子

動画編集・記事を書いたのは・・・

H野(サンキュ!編集部員)

管理栄養士の資格保持者。子どもむけ料理雑誌や教材編集を経て、「サンキュ!」へ。データ解析が得意で、理論に基づいた企画を発信。実はいたずら好きの面も


『サンキュ!』最新号の詳細は こちら!

関連するキーワード

家事の人気テーマ

こちらの記事もチェック!

家事の新着記事も見てね

AND MORE

家事の人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP