1. トップ
  2. 家事
  3. 食器も食材も。毎日使うものは量を最小限に!

食器も食材も。毎日使うものは量を最小限に!

2018/04/07【 家事 】

捨てるに捨てられなかったものを思い切って処分してみませんか?食器も食材も「今、使う分だけ」持つようにしたら、物量が管理しやすく時間のムダが一気に短縮できるようになったというAyakoさんに、キレイを保つ秘訣を教えてもらいました。

<Ayakoさんプロフィール>
鹿児島県在住。夫、長女、長男の4人家族。結婚9年目。おうちが好き、古いものが好き。シンプルでていねいな暮らしをつづったインスタグラムが人気。IDはaya15___ks

食器はヘビロテで使うものだけに厳選。すぐ使うから、洗いだめなし!

ふだん使いの食器は、使い回ししやすいホーロープレートなど、定番ものだけにしぼり込み。食器棚の中も余裕があるため、出し入れがスムーズです。洗い物が少ないときは吸水マットを使い、拭いたらすぐ戻すから、シンクまわりは常にスッキリ!

カトラリーは家族分のみ。ひと目でわかるから、一瞬で取り出せる!

毎日使うカトラリーは家族の人数分、キッチンツールは1つずつにしぼり、種類ごとに仕切りつきの引き出しに収納。上から見てパッとわかるから、取り出しは一瞬! 子どもも進んで配膳を手伝ってくれます。

朝食でよく使うものをひとまとめに。

ケースごと出せるジャムやバター、ふりかけなど、朝食時にテーブルで使うものは、ケースにまとめて子どもの手が届く高さに。自分たちで準備できるから、慌ただしい朝でも「ママ取って」と言われずにすみます。

乾物類はケースに入る分だけ。ストックは持たない

乾物類や調味料類は、今使っているものだけ冷蔵庫に収納。ケースで指定席を決めているので、出し入れもラク。なくなったらその都度買いに行くようにしたら、ストックを管理する手間がなくなりました

Ayakoさんは、元々片づけが苦手だったそうなんです!引っ越しを機に思い切って物量を減らしたら快適な生活が送れるようになったとか。よく使う物を厳選して最小限にすれば、散らかったものを元に戻す時間も減らせますよ!

参照:『サンキュ!』4月号「「あ~時間がない!」それは収納のせいかも!?「時間のムダ」が消えてなくなる収納&片づけ術」より一部抜粋。掲載している情報は18年3月現在のものです。
撮影/林ひろし 構成/宮原元美 取材・文/梶謡子

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

家事の人気テーマ

こちらの記事もチェック!

家事の新着記事も見てね

AND MORE

家事の人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP