1. トップ
  2. 家事
  3. 梅雨時のじめじめ対策に◎「疲れないルール」で掃除をラクにしよう

梅雨時のじめじめ対策に◎「疲れないルール」で掃除をラクにしよう

2018/06/18【 家事 】

CONTENTS

どんより天気が悪い日は何をするにも気が乗らず、なかなか掃除にまで手が回らないことも。「サンキュ!」ではそんなときでも気軽にできる、とっておきの掃除ルールを紹介。やる気が出ないときでも、この方法さえ守ればおうちのキレイが保たれます!

ルール1:掃除しやすい仕掛けをつくる

掃除は勢いが大事。汚れにくい仕組みや掃除しやすい仕掛けをつくれば、面倒くさがり屋でもキレイが持続します。

とにかくつるす

【お風呂グッズ】
おもちゃは水ぎれがよいプラスチックのかごにまとめ、掃除道具や洗剤類は引っ掛け収納にしてすぐ手に取れるように。シャンプーボトルはセリアのステンレスフックを使ってつるしています。

【ゴミ箱】
ゴミ箱は数をしぼって、よく使う2カ所にだけ設置。床から浮いているので、掃除のときにいちいちどかす手間がないほか、排水口のゴミもかがまずに捨てられて便利です。

【バスマット】
厚手で乾きにくいバスマットの代わりに、ループつきハンドタオルを使用。家族全員、浴室で体を拭いてから上がる習慣なので、これ1枚で充分。使ったあとはつるして乾かしてから洗濯しています。

一歩も動かず道具に手が届く

【掃除用ワイパー】
明日の自分のために新しいシートに取り換えておく!使い終わったらシートを取り換える習慣に。このひと手間で、次に使うとき、すぐに掃除が始められます。

【除菌スプレー】
においが気になりがちな洗面所やトイレ、布ボコリで汚れやすい洗濯機まわりに、除菌スプレーをスタンバイ。いちいち取りに行く手間がないから、見つけた汚れはその場でオフできます。

【ペーパータオル】
洗面台の下に突っ張り棒を取りつけ、ペーパータオルを常備。厚手で丈夫だから拭き掃除に最適。これ1枚で、洗面所の隅々まで、拭き上げます。

汚れを隠さない

【油汚れ】
その場で拭きたい油汚れはコンロ横のティッシュでオフ!キッチンの引き出しに無印良品で購入したハーフサイズのティッシュを常備。コンロまわりの汚れにその都度対応できるので、大がかりな掃除をしなくても、キレイなキッチンをキープ。

【排水口】
浴室やキッチンシンクの排水口は、ふたを取ることでイヤでも汚れが目につくように。夕飯後、食器を洗った勢いでシンクを洗い、ついでにゴミ受けもこすり洗い。毎日の習慣にすれば汚れがこびりつかず、ぬめり防止に。

*スポンジは白にしましょう!
丈夫で長もちするスポンジは、替えどきがわかりづらい。そこで、スポンジの色に着目。白いスポンジなら汚れぐあいも一目瞭然。

ルール2:手入れが大変なものは手放す

汚れの吹きだまりになりやすいソファや、ぬめりやすく掃除が大変な水きりかご。思い切って手放せば、掃除の手間がグッと減ります。

【ベット】
ホコリの温床だったベッドをふとんに換えたことで毎朝の掃除が習慣に。ふとんを上げたら、そのままの勢いで寝室から掃除機がけをスタート。

【ソファ】
ソファがあると、洗濯物をつい置きっ放しに……。ソファをなくすことで、お菓子の食べかすやおもちゃが奥に入り込むこともなくなり、面倒なカバーの手入れも不要に。

【水きりかご】
食器を入れっ放しにしがちな水きりかごをなくしたら、キッチンが広々!洗った食器をしばらく乾かし、拭いたらその都度しまう習慣が身につきます。

ルール3:リビングに物を持ち込まない

廊下に身支度専用のスペースを設け、リビングによけいなものを持ち込まない仕組みに。置きっ放しが減り、出かけるときもスムーズ。バッグや帽子を1カ所にまとめたら管理がしやすくなり、部屋も散らかりにくくなります。

【バック】
リビングの床につい置きっ放しになりがちなバッグ。専用の置き場所をつくったら片づけやすくなり、探し回ることもなくなりました。

【上着】
上着をハンガーに掛けるのは意外と面倒。シワが気にならない子ども服は、かごに放り込むだけでOKと決めたら、ラクに元に戻せるように。

【プリント】
扉の裏にマグネットボードを取りつけて、プリント類を一括管理。園便りや、すぐに返事が必要な書類を貼れば、提出忘れ防止にも。

部屋の掃除が苦手という人は、頑張りすぎが原因かもしれません。疲れないように、自分のタイミングでできる掃除法に切り替えることで、ストレスなくキレイが持続しますよ。

教えてくれた人……mikiさん(大阪府)
長男の出産を機に断捨離®を決行。掃除しやすい仕組みづくりと、頻繁にする模様替えのおかげでキレイをキープ。日々の暮らしをつづったインスタグラムも好評。アカウントは@miki__house_

参照:『サンキュ!』7月号「梅雨のジメジメ、イライラにも悩まない!「掃除がラクになる家」でスッキリ暮らす!」より一部抜粋。掲載している情報は18年5月現在のものです。撮影/林ひろし 取材・文/梶謡子

『サンキュ!』最新号の詳細は こちら!

関連するキーワード

家事の人気テーマ

こちらの記事もチェック!

家事の新着記事も見てね

AND MORE

家事の人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP