1. トップ
  2. 家事
  3. 子ども6人で食費4万円台をキープする「テクニック」とは?

子ども6人で食費4万円台をキープする「テクニック」とは?

2018/07/13【 家事 】

6人の子どもを育てながら食費4万円台を実現している大家族のお母さんに、お金をかけずに家族が満足するごはんを作るためのテクニックを教わりました。 大家族じゃなくても参考になる方法がいっぱいです。

1.安い「4種肉」を大量買い

大量に消費する肉は、ジャンボパックでお得買い。比較的いつも安い豚こま切れ肉、鶏胸肉、鶏もも肉、豚ひき肉の4種類をとりあえず買っておけばメニューに困りません。

2. 「魚」は朝食に!

健康のためにも魚を食べてほしいけど、ボリュームがないのが悩み。そんなときは無理して夜に出さず、朝ごはんに!みそ汁のほか、もずくなどの“出すだけ”の簡単副菜で、栄養満点和朝食の出来上がり。

3. 副菜を6パターン決めておく

副菜2品を家族分作るのはむずかしいので、一品ボリューム勝負!低コストでできる「わが家の定番」を6種くらい決めておけば、悩みません。

たとえば……

●フライドポテト
揚げればいいだけなのに、不動の人気No.1!業務スーパーなどで、1kg約200円で購入。

●おからサラダ
大量に作れて体にもいい。

●さつまいもの甘辛炒め
レンチンしたさつまいもを炒めて同量のしょうゆ、砂糖で味つけ。大学いも感覚♪

●厚揚げの甘辛焼き
ボリュームがある厚揚げをフライパンで焼き、同量のしょうゆ、砂糖、みりんで調味。

●かぼちゃのあずき煮
かぼちゃだけだと飽きがちだから、缶詰のあずきをプラス。やさしい甘みです。

●なすみそ炒め
ご飯が進む最強の夏おかず。安いなすとピーマンをたっぷり入れて炒めるだけ。

4.ご飯にボリュームを出す

おかずが少なめの日は、炊き込みご飯や混ぜご飯にしてボリュームアップ。

たとえば……

●ちらしずし
便利なちらしずしの素は常備。かに風味かまぼこや桜でんぶ、きゅうりなどをトッピング。

●ツナご飯
お米を炊くときにツナ(汁ごと)と塩昆布を入れるだけ。ひじきとツナ(味つけはしょうゆ、酒、塩)の炊き込みご飯も定番。

5. 週に1~2回は「定番メニュー」

カレーや親子丼、シチュー、焼きそばといった定番メニューを、必ず週の献立に入れることにしたら気がラクに。家にある材料で作れるものばかりなので、食費減にも効果アリ。

6. 野菜高騰のときは、もやしと冷凍野菜

野菜が高いときは購入を最小限にし、価格が安定しているもやしや豆苗、きのこ、冷凍野菜を中心にやりくり。冷凍野菜は数種類ストックしておくと、いざというときも安心♪

新しいメニューもいいけれど、子どもたちが喜ぶのはやっぱり定番ごはん。たっぷり使える低価格の定番食材で子どもも大人も満足する献立づくりを!そうすることで、自然と食費も抑えられますよ。

教えてくれた人……2525mitsucoさん
関東在住の36歳。看護師のパートをしながら、6人の子育てに奮闘。双子も年子もいるステップファミリーで、現在7人目を妊娠中!

参照:『サンキュ!』7月号 「食事」を減らさず、「食費」を減らす!より一部抜粋。掲載している情報は18年5月現在のものです。撮影/小林キユウ 構成・文/草野舞友

『サンキュ!』最新号の詳細は こちら!

関連するキーワード

家事の人気テーマ

こちらの記事もチェック!

家事の新着記事も見てね

AND MORE

家事の人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP