1. トップ
  2. 家事
  3. 夏の断捨離(R)大作戦!「5つの不快キーワード」が捨てる基準だった!

夏の断捨離(R)大作戦!「5つの不快キーワード」が捨てる基準だった!

2018/07/20【 家事 】

夏の断捨離(R)で大切なのはズバリ、不快と感じるものを処分すること!5つの不快キーワードに照らし合わせるだけで、「捨てるべきもの」がはっきりと浮かび上がる、新基準の発表です。

整理収納アドバイザーの中山真由美さんも「夏休みに入る前の7月は、散らかった家を見て焦る人が増える時期。人は〝不快〞を感じるほど〝捨てモード〞にエンジンがかかるので、夏こそ絶好の〝捨てチャンス〞です」と太鼓判!さっそく、5つの不快キーワードを基準に、捨ててみましょう。

1.汚い(古い)

さわったあと手を洗いたくなるほど、それ自体が汚れているもののこと。「気持ち悪い」と感じたらすぐ捨てて。使い古して、みすぼらしい状態になった日用品なども、買い替えを検討しましょう。それがあるだけで、まわりが汚れたり、掃除の手間が発生するようなものも、当てはまります。

例えばこんなもの……
●使いすぎてバサバサの、擦り切れた、ニオイの取れないタオル
●虫に食われたり、黄ばんで変色している、よれよれの衣類
●ぼろぼろで崩壊しそうな洗濯ばさみ  
●落ちた花粉が放置され続ける、枯れかけた生花
●何年もためているけど使わない、紙袋や紙箱(紙も経年劣化します!)

2.狭い(邪魔)

それがあるだけで、部屋が狭く、窮屈に感じるもの。特に床(通路)や階段に放置されがちで、通行を阻害するもの。動線上にあるせいで、家族がぶつかって痛い思いをしたり、掃除機がかけにくかったり、目的のものが取り出しにくくなったりしがち!

例えばこんなもの……
●中身を思い出せないのに、床を占拠する段ボール箱
●階段わきに積み上がった荷物
●ベランダに並んでいる枯れた植木鉢
●冷蔵室&冷凍室を占拠する賞味期限切れの食品
●もう遊ばないおもちゃ

3.暑苦しい

毛足が長い布類は、ことごとく夏の「捨て候補」です。ほこりがたまる原因になるうえ、猛暑には見たくないほど暑苦しいから、せめて目につく場所に置くのをやめましょう。窓辺などの〝風の通り道〞に乱雑に放置された雑貨なども、通気性を妨げるからアウト。

例えばこんなもの……
●毛足が長い冬のカーペット(しまうか、処分を)
●もう遊ばないぬいぐるみ(ダニの温床です)
●冬の素材のクッションカバーやマルチカバー、タペストリー
●冬中はいたスリッパ
●便座シート

4.時間がかかる

家事や仕事がはかどらず、一つ一つの動きに時間がかかるのは、そもそも「使わないもの」が部屋中にあふれているから。使ってもいないのに、そこから長い間動かしてもいないから、作業効率が下がり、あなたを疲れさせる厄介者です。

例えばこんなもの……
●重たくて使うのがおっくうな、鋳物ホーロー鍋
●憧れて買ったけど、手入れに手間がかかるコーヒーミル
●探している1本はなぜか見つからない、大量のペン
●いつの間にか増殖した、べんとうグッズ
●だましだまし使い続ける、買い替えどきの古い家電(パワーが落ちて非効率)

5.イライラする

見た目が醜く、センスが悪いと感じるものや、それを見るだけで嫌な過去を思い出し、精神的にへこむようなもののこと。「1回も使っていない」と罪悪感を抱いたり、「高かったから捨てられない」と一瞬でも思ったら、あなたの心をザワザワさせる〝捨て候補〞です。

例えばこんなもの……
●プレゼントやお土産としてもらったが、使っていないもの
●好みじゃない香りを放つもの(お香、ポプリ、石けん)
●一向に見るひまのない、パンフレットやDM
●一度はやる気になって買った検定本や語学の教科書
●もう二度と使わない、スキー板やテニスラケットなどの趣味の道具

捨て基準がわかれば、片づけも簡単に。5つの不快基準に1つでも当てはまったら迷うことなく捨てましょう。

教えてくれた人……中山真由美さん
お片付けコンシェルジュ。超片づけベタの過去を克服した整理収納アドバイザー。個人宅の収納コンサルティングやセミナーなどで収納に迷える人々を救済中。

参照:『サンキュ!』8月号「夏中スッキリ!が叶う捨てる!新基準」より一部抜粋。掲載している情報は18年6月現在のものです。監修/中山真由美

『サンキュ!』最新号の詳細は こちら!

関連するキーワード

家事の人気テーマ

こちらの記事もチェック!

家事の新着記事も見てね

AND MORE

家事の人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP