1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 大人の都合を見直せば、子育てはもっとラクになる!

大人の都合を見直せば、子育てはもっとラクになる!

2015/09/17【 ライフスタイル 】


子育てしていると、子どもが言うことを聞いてくれなくてイライラしたり叱ったり……。
子どもとのコミュニケーションがうまくできないと感じること、ありますよね。


でも、その原因は、“大人の都合を優先させているから”かもしれません。
子どもに気持ちが伝わる「新・子育てコーチング術」を実践して、子どもと“いい関係”目指しましょう!


「コーチング」とは、相手に合わせたかかわり方で力を引き出すコミュニケーションスキルのこと。

なかでも親子関係で必要なスキルは、「子どもを心から受け止めるスキル」です。


そのためにはまず、“大人の都合”を見直すのが大事☆


どんなに「子どものため」と思っても、そこにこだわると子どもを受け止められなくなりがち。親は自分の希望や都合をいったんわきに置いて、子どもを受け入れてあげましょう!



♪実践! こんなときは、こうしてみて♪

1)できるー」と言ったのにできない子どもに
「だから無理って言ったのに!」と叱ってしまいたくなったら・・・
失敗を叱るより、成功するようフォローしましょう!



2)時間がないのに「今やるー」と返事だけ・・・
子どものペースに合わせた時間の配分を考えてみましょう。



3)気分や体調でってしまう・・・
親の状況をきちんと話して「ごめんね」と伝えて



4)ふざけがしつこい!!
「ママ、ギブアップ~」でOK。少しその場を離れてもよし!



5)やさしく言っても聞いてくれない・・・
強く言っても反発されるだけ。根気よく繰り返し伝えましょう。



6)忙しい日に限ってふざけたり甘えたり・・・
「子どもと一緒に」ということを踏まえた予定にしてみましょう。



7)寝ない、起きない・・・
子どもの時間に合わせて一緒に寝てしまうのも手。


8)キツく言うと言い返されてムカッ!
反発されても当然の言い方をしていたのでは? 見直してみましょう。

9) 注意しても無視される・・・
一方的に言い過ぎていたのかも? 子どもの言い分も聞いてみましょう。



子どもは自分の気持ちや状況を受け止めてもらうと安心し、親への信頼感が生まれ、不安や不満が解消されていきます。
そこで初めて、自分の状況を受け入れ、自分で考えられるようになるものです。


子どもとのコミュニケーションにつまづいたら、子育てコーチングを試してみて。
変化は少しずつかもしれないけれど、その積み重ねが親子の絆をより強くしてくれるでしょう☆



参照:『サンキュ!』9月号「気持ちが伝わる 子どもを伸ばす 新・子育てコーチング術」から一部抜粋
監修/あべまさい(出典「子育てコーチングの教科書」/ ディスカヴァー刊)、イラスト/おぐらなおみ、取材/小谷野少名、文/田谷峰子
『サンキュ!』最新号の詳細はこちら

関連するキーワード

ライフスタイルの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

ライフスタイルの新着記事も見てね

AND MORE

ライフスタイルの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP