1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「ママって、なんで○○なの?」無邪気に発せられる子どもたちの残酷な言葉

「ママって、なんで○○なの?」無邪気に発せられる子どもたちの残酷な言葉

2017/11/04【 ライフスタイル 】

CONTENTS

1. 美容に関する残酷な言葉

いくら年を重ねても、キレイでいたい気持ちは変わらない。それなのに……子どもの言葉が、見たくない現実をいやおうなく突きつけてきます。

・保育士時代のこと。3歳児に「先生、なんでお顔にいっぱい虫さん付けてるの?」と、無邪気な笑顔で聞かれました。虫=ほくろのこと。今なら笑い飛ばせますが、20歳そこそこだった当時は傷つきました(笑)。

・「お母さんの顔、なんでブツブツしてるの?」。毛穴のことでした。気にしてるのに〜!

・ネットでヘアアレンジを見ていたら、3年生の息子に「この髪型は可愛いけど、もともと可愛い人がやってるから似合うんだよ」と言われました。まさか息子にこんな正論を言われるなんて、衝撃!

2. 体型についての残酷な言葉

出産と育児をへて、無残にも変わりゆく体型。見て見ぬふりをしていた垂れパイも、ゆったり服で隠していたお腹まわりも、子どもは容赦なく指摘してきます。

・3人目を妊娠した私に、長女がひと言「あ、おっぱい少しある!でも、またおっぱいやめたらなくなっちゃうんだよね」。そう、私の巨乳は期間限定です。

・みんなで温泉に行ったときのこと。当時4歳だっためいっ子に、ほかにもお客さんがたくさんいる中でこう聞かれました。「ねぇねぇ、○○ちゃん(私)のおっぱいは、なんで長いの?」。ムダに巨乳だと垂れるんだよ〜(涙)。

・子どもに真顔で「なんでお母さんのお腹には横線がたくさんあるの?」と聞かれました。「これは三段腹、いや四段腹といってね……」と、泣く泣く説明しました。

3. まだまだある!子どもの残酷な言葉

主にママの見た目に関する投稿が多かったですが、これ以外にもいろいろな場面で、子どもたちから残酷な言葉が発せられているようです。まずは、ママの料理について。

・私が作った鶏のから揚げを食べた息子が、「マズいの食べたから、せきが出ちゃうんだよ〜」とひと言。好き嫌いの多い息子の食事に日々、頭を悩ませている母には、立ち直れないほどのダメージです。

それでも、めげずに今日も料理し続けるお母さんたち。本当にお疲れさまです……! 最後は、パパに向けられた残酷な言葉たちをご紹介します。

・「お父さんの枕、なんかクサいね」と娘。溺愛している娘にこんなこと言われていると知ったら、夫は立ち直れなくなるかも。

・娘が2歳手前だったころ。パパとチューして「におい〜」。3歳になってからは「くっせ!なんかくっせー!」。私は一人、爆笑していました。

まとめ

いくら残酷な内容でも、悪気なく無邪気な笑顔で発せられたら、怒るに怒れませんよね。言いづらいことを正直に言ってくれる貴重な存在として、ポジティブにとらえるしかないかもしれません……!

こちらの記事もチェック!

ライフスタイルの新着記事も見てね

AND MORE

ライフスタイルの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP

雑誌「サンキュ!」の公式サイト「サンキュ!」がオープン。口コミサンキュ!をご覧になりたい方はコチラ!

新着記事

サンキュ!トップブロガー新着記事

INFORMATION

お知らせ一覧を見る

こちらの記事もチェック!

編集部のおすすめ記事

連載記事

動画

サンキュ!カテゴリ別人気記事

PICK UP