1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 子どものお金の管理どうしてる?最新おこづかい事情!

子どものお金の管理どうしてる?最新おこづかい事情!

2018/03/04【 ライフスタイル 】

子どものおこづかい、どうされていますか? 欲しいものは、おこづかいを貯めて買ってもらう? それとも全て自己管理? 年齢やその子の性格によってもピッタリな方法は違ってきますし、どんなスタイルにするか悩みどころですよね。そんなママたちのお悩み“子どものお金”について、さまざまなやり方をご紹介します♪

週のはじめに1週間分を渡す

いきなり全額もらって「自分で管理してね」と言われても、きちんと計画的におこづかいを使える子は少ないかも知れません。まずは1週間から!小分けに渡して、おこづかい管理に慣れてもらうのも良いアイデアです♪

出典:サンキュ!ブロガーこまめさん

まずはお年玉で練習させてからおこづかいデビュー!

まずはお年玉などで一緒に買い物をする練習をして、小学校中学年頃からおこづかい制に切り替えたというママも。4年生500円、5年生600円…など、学年に応じて金額を決めている方が多いようです。文房具を買ったり貯金をしたり、子どもが自分なりに考えてお金を管理する姿を見るのが、ママの楽しみになるかも♪

出典:サンキュ!ブロガー若松美穂さん

3ヶ月ごとにまとめて!お小遣い帳をつけて自分でやりくり!

おこづかいの管理に慣れてきたら、さらに長期的な計画を立てられるように3ヶ月分まとめて渡しても良いかも。お金の管理は子どもにまかせて、ママはノータッチ!自主性や計画性が育まれ、将来に役立つことでしょう。

出典:サンキュ!ブロガー中村奈未さん

お手伝いした分だけバイト代♪目標額に向けて働いて貯める!

毎月決まった金額を渡すのではなく、お手伝いをした報酬として“バイト代感覚”でおこづかいを渡す方法もあります。「はたらく喜び」や「目標を決めてチャレンジし、達成する喜び」を、子どもが学べると好評です♪

出典:サンキュ!ブロガーlaureaさん

「おこづかい制」といっても、さまざまなやり方があります。なんのために「おこづかい制」を取り入れたいかによっても、選びたいスタイルは変わってきます。それぞれのご家庭にピッタリの「おこづかいスタイル」を見つけて、親子で楽しく取り組んでくださいね♪

(参照: 口コミサンキュ!
※記事内容でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

ライフスタイルの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

ライフスタイルの新着記事も見てね

AND MORE

ライフスタイルの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP