1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 独自に考案した「10個捨て」で断捨離(R)に成功できた!

独自に考案した「10個捨て」で断捨離(R)に成功できた!

2018/06/12【 ライフスタイル 】

部屋にあふれるモノ、モノ、モノ……。そんな生活を変えるために「断捨離(R)」をしてみませんか?これまで「断捨離」に挑戦しては失敗してきたというmimyさんは、ある方法で部屋をスッキリさせることに成功。その方法とは?

「10個捨て」で断捨離成功!

何度も断捨離に挑戦しては挫折を繰り返してきたmimy さんですが、独自に考案した「1日10個捨て」で、ようやく挫折を克服できました。10個というまとまった数のモノを、毎日継続して捨てることで、「目に見えて部屋がスッキリする」ことを実感できたのが勝因のよう。

また、部屋がキレイになると、自分自身にも目が向き、食事の栄養バランスに気をつけるように。その結果、なんと体重が8㎏、ストンと落ちたそう。

初心者は「抵抗が少ないもの」から捨てると成功する!

「今ある物のなかから必要なものだけを選び取って、あとは捨てる」のは、初心者にはハードルが高め。捨てることへの抵抗感が少ないものから捨て始め、その繰り返しで物を徐々に減らしていきました。

捨て続けたら物や空間の価値観が変化した

「1日10個捨て」を続けることで、物を捨てるのは〝もったいない〞という考えに変化が。使わないもので空間が占領されることは、空間が〝もったいない〞と発想が逆転しました。

1個でも捨てたら「正」の字。〝数えること〞がモチベーションに

大きな家具でも小さなボールペンでも、とにかく捨てたら「1」としてカウントして、カレンダーに「正」の字で記入。捨てた物の数が目で把握できると達成感があり、挫折しません。

〝なんとなく〞をやめて具体的な目標を定めればうまくいく

なんとなく断捨離すると、ゴールが見えないレースを走っているようで挫折しがち。「1日10個捨てる」とか「100日捨て続ける」など具体的な目標を設定することが、成功のカギです。

部屋が片付いたことで、身も心もスッキリ大変身。何気なく始めるのではなく、まずはしっかり目標を立てて「断捨離」をしてみてはいかがでしょうか?

参照:『サンキュ!』6月号別冊付録「今、気になる収納と片づけのすべて」より一部抜粋。掲載している情報は18年4月現在のものです。撮影/masacova! 取材・文/村越克子
『サンキュ!』最新号の詳細は こちら!

関連するキーワード

ライフスタイルの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

ライフスタイルの新着記事も見てね

AND MORE

ライフスタイルの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP