1. トップ
  2. リビング
  3. 暑くても一瞬で片づく! 速攻片づけ2大テク

暑くても一瞬で片づく! 速攻片づけ2大テク

2017/08/21【 リビング 】

暑い夏は、いちいちものを引き出しなどにしまい込むのはおっくう。そんなときでも、一瞬で片づく&片づいたように見せるマル秘テクをこっそり紹介。これをマネすれば、あなたも片づけ上手に見えるかも?



速攻テク その1・投げ込むだけ!
おもちゃや日用品など、その都度仕分けして整理するのが面倒なものは、箱やかごに投げ込むのがいちばん! 小さい子どもでも自分で元に戻しやすいから、親が片づける手間も減らせます。入れ物もインテリアになじむものを選ぶことがポイントです。
インテリア02_宮原.jpg
おもちゃはトランクに。ごちゃついていても、ふたを閉めればすっきり! 遊びたい場所に持ち運ぶのも楽です。
(整理収納アドバイザー・村上直子さん)

インテリア03_宮原.jpg
海外製のかわいい紙バッグをおもちゃ入れに。大きめサイズで間口も広いから、小さい子でも簡単に投げ入れできます。
(インスタグラマー・牧里沙さん)

インテリア04_宮原.jpg
子ども1人ずつに専用かごを設けて、脱いだ服を入れるように。脱ぎっ放しがなくなりました。
(インスタグラマー・河合絵理さん)


速攻テク その2・布を掛けるだけ!
いつも使うものを入れたかごや箱は、置きっ放しにしておきたいけど、中身が見えると生活感が丸出し……。でも、そこに布を1枚さらりと掛けるだけで、周囲になじみ、見た目もぐっとおしゃれに! 中の出し入れもしやすく、ストレスがたまりません。
インテリア06_宮原.jpg
リビングで脱ぎ着する子どものパジャマは大きめのかごに。風合いのあるリネンでカバーすれば、リビングに置いても気になりません。
(スタイリスト・大沢早苗さん)

インテリア07_宮原.jpg
園や学校のお便りは、すぐ確認できるよう浅めのかごに入れるのがルール。北欧風の布で覆えば、周囲の小物となじみます。
(インスタグラマー・manaさん)

インテリア08_宮原.jpg
絵本はワイヤーかごに入る量に絞り込み。生成りの布を掛けるだけで、カラフルな本が隠せて、すっきりします。
(料理家・渡部和泉さん)


投げ込み&布で隠すだけなら、だれでも簡単にできてラクチン! でも、何でもそのテクで室内に置いてしまうと、結局たくさんのもので埋もれてしまうのでご注意を。あくまで毎日使うものをさっと片づけるときに活用しましょう。


参照:『サンキュ!』9月号「コース別 5つの速攻テク」より一部抜粋。掲載している情報は17年7月現在のものです。

撮影/臼田洋一郎、小野田陽一、小林キユウ、砂原文、林ひろし、文/宮原元美(『サンキュ!』編集部)

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら

関連するキーワード

リビングの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

リビングの新着記事も見てね

AND MORE

リビングの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP