1. トップ
  2. リビング
  3. “ものを持たない”シンプルライフを送る6つのコツ

“ものを持たない”シンプルライフを送る6つのコツ

2015/09/29【 リビング 】

普段なにげなく生活をしているだけで、ついついものが増えてしまう毎日だからこそ、本当に必要なものや、大切だと思うものだけを手元に残しておきたい――。そんな理想のシンプルライフを目指す人が最近、増えてきています。そこで、子どもがいても自分らしくゆったりとした生活を送っている暮らし上手さんたちの日常をチェック! そこにはシンプルな日々を送るためのヒントが隠されていましたよ。

①ごみ箱は1フロアにひとつだけ

なくても困らないもの
なくても困らないものは、極力置かないというサンキュ!ブロガーの木下恵梨さん。洗面所にはボックスティッシュのかわりにポケットティシュを、お風呂場にはバスマットも置いていないそうです。ごみ箱は1階に1つということで、ごみ集めもとってもらくにできるとか。

②夜寝る前にテーブルの上をお片づけ

置かないインテリア
リビング、ダイニングにはものを置かないことを心がけているというサンキュ!ブロガーのユッカさん。とくに子どものプリント類などでごちゃつきがちなダイニングテーブルの上は、夜寝る前にリセットすることを習慣にしているそうです。

③床にものを置かない、わが家のルール

我が家の子供部屋
お子さんたちにも徹底して床にものを置かないようお願いしているというサンキュ!ブロガーのおとわれいさん。年に1回は子どもと一緒に断捨離を決行しておもちゃなどをすっきりさせているそう。

④キッチンには必要最低限のものだけを

キッチンツールスタンド。
必要なものだけしか置かないと決めて、それを実行しているミニキッチン。全体がとてもすっきりとしているので、100均で買ったというおきにいりのツールスタンドの存在感が光りますね。

⑤捨てられない子どもの作品は、段階を踏んで整理

子供の作品の収納
子どもの作品は、なんでもすぐに断捨離するのではなく、ケースやファイルなどにわけて収納し、増えてきたなと思ったら大事なものだけは押入れの思い出BOXに。将来的にかさばるものなどは、写真に収めてフォトアルバムにする予定なんだそう。

⑥視覚的にすっきりした部屋をもつ

物と向き合う日。
夏は扇風機だけが置かれているというこちらの和室。なにも置かない空間があるだけで、なにか無心になりたいときや考えごとをしたいときに大の字で寝っころがれるというサンキュ!ブロガーののこのこMAMAさん。ものに囲まれない暮らしは、とてもすてきですね。


ものをもたないからこそ、本当に必要かどうか、大切かどうかがわかるようです。まずはできるところから少しずつ、断捨離をはじめてみては? お部屋だけでなく気持ちもすっきりするかもしれませんね!

(参照:口コミサンキュ!)

※記事内容でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード

リビングの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

リビングの新着記事も見てね

AND MORE

リビングの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP