1. トップ
  2. リビング
  3. 物を捨てられる思考回路を作る「マインドチェンジ」7ステップ

物を捨てられる思考回路を作る「マインドチェンジ」7ステップ

2017/01/26【 リビング 】

片づけられる人と、片づけられない人の違いは何でしょう? 才能? 生まれつき? いいえ、それは「私は片づけられる」と思うか、「私にはムリ」と思うかの、意識の違いです。では、片づけられるマインドになるにはどうしたらいいでしょう? というわけで、まずは「物を捨てられる」ようになるための練習方法をお伝えします。

STEP1明らかなゴミ
空き缶や賞味期限の切れた調味料、古いレシートなど。簡単に捨てられる“明らかなゴミ”を捨てることを意識しましょう


STEP2壊れているもの
欠けた食器や電池を換えても遅れてしまう時計など、部分的に壊れているものを捨てる対象と考えてみて


STEP3期限切れのもの
賞味期限切れの食品はもちろん、使用期限切れの薬や化粧品、割引券など、不要品を捨ててみましょう


STEP4ダブっているもの
例えばブラシやつめ切り、缶切りは1つで充分なはず。使いやすいほう、好きなほうだけを残して捨ててみましょう


STEP5ずっと使っていないもの
今後も使う可能性が低いものを迷わずゴミ袋に入れてみましょう。いつ使ったか思い出せないものも同様に


STEP6気に入らない飾り物
好みじゃないのに「もらい物だから」という理由だけで飾っているもの。見ていてテンションが下がるものは持っている必要はありません


STEP7中身がわからない箱
中身がわからないのは、長い間しまい込んでいて中身を見ていないから。イコール必要のないものなので、捨てても大丈夫です


物が捨てられないのは「捨てる神経回路」ができていないからだけ。ハードルの低いものから捨てる“成功体験”を積んでいくことで、「私は捨てられる!」というマインドがつくられます。まずは捨てやすいものから捨てること、捨てることを意識することで、捨てることに慣れていきましょう!

参照:『サンキュ!』1月号「今年中に片づく!お片づけガイド」より一部抜粋 監修/筆子、写真提供/SHAKTI/a.collectionRF/amanaimages、取材/スタジオ・ポット、文/田谷峰子
『サンキュ!』最新号の詳細はこちら

関連するキーワード

リビングの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

リビングの新着記事も見てね

AND MORE

リビングの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP