1. トップ
  2. リビング
  3. 専業主婦歴40年の料理家・坂井より子さんの“家事ラク”のコツ3

専業主婦歴40年の料理家・坂井より子さんの“家事ラク”のコツ3

2017/05/27【 リビング 】

専業主婦を経て、現在は料理家として家庭料理のアイデアを伝えている坂井より子さん。豊かでゆとりのある暮らしのステキさが人気ですが、家事に追われないワザを身につけたのは、実は40代になってからだそう。そんな坂井さんに、家事をラクにするコツを教えてもらいました。その3つの極意がこちら!


1.習慣にする
リビング、トイレ、お風呂などよく使う場所の掃除は、「使ったついで」にすませたり、「毎日の家事の流れ」に組み込んで、習慣にするのがラク。「やらなくちゃ!」とスイッチを入れなくても体が勝手に動くように


2.先取りをする
ごはんの支度を一からするのは、実は結構大変なこと。朝のうちに、献立を決めておく、野菜だけ洗っておく──。ちょっとした先取りが、後々の作業も、自分の心の負担も軽くしてくれます。もちろん、前の晩に進めるのでもOK

サラダにのせたり、焼き魚に添えたり、あると便利な野菜の酢漬けを常備。
011.jpg
左からカリフラワー、にんじん、玉ねぎ 


3.割り切る
家事の正解は人それぞれ。ほかの人の家事は参考にはしても、「人は人、自分は自分」と考えて。もしもアイロンがけが苦手ならなるべくしないですむ服を買ったり家族に任せたりしてもいいのです。家事はきりがないものだから自分のいいように決めていきましょう


いかがでしたか? 「家事はとっても自由なもので、方法に決まりはありません。自分と家族が心地よければそれでいい」とのこと。また、「まずは漠然と家事をせず、この仕事には何分かかるのか。」一度測ってみると、自分流の段取りを組みやすくなるようです。
ぜひ、自分と家族にとってのラクなスタイルを見つけてみて!


参照:『サンキュ!』5月号「私の家事ラクのコツ三か条」より一部抜粋 監修/坂井より子、撮影/砂原文、取材/石川理恵、文/田谷峰子
『サンキュ!』最新号の詳細はこちら

関連するキーワード

リビングの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

リビングの新着記事も見てね

AND MORE

リビングの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP