1. トップ
  2. リビング
  3. 「使いやすいを妥協しない収納術」で快適な暮らしが叶う

「使いやすいを妥協しない収納術」で快適な暮らしが叶う

2016/12/13【 リビング 】

ミニマリストになりたいとは思わなくても、好きな物、必要な物だけに囲まれた、ムダな物のないスッキリとした暮らしを送りたいもの。さらに、毎日の家事がラクにスムーズにできるような仕組みがあれば、なおうれしい。

そこで、「元・おしゃれ大好き&物多い」から、整理収納アドバイザーの勉強をして行き着いた、使いやすくて見た目も素敵な快適収納のとあるお家を紹介します。1.「空きがある」だけで、お皿がすごく取り出しやすい
器が大好きでも欲張らず、使いやすさを優先。ゆとりがあることでお皿同士がぶつからないから、出し入れのストレスがありません!

2.引き出しの中は必ず立てる&仕切る
パッと見てわかりやすいこと、すべての物が見渡せることが、使いやすい収納の鉄則! 死蔵品をなくして、ある物を徹底的に使います。
_I9A2267.jpg


3.「実はここが使いやすい!」に気がつくことが大事
リビングの仕事道具の引き出しに、リップとハンドクリーム、美顔器を収納。開けたついでに目に入ることで、ケアを忘れないんです。
_I9A2233.jpg


4.扉裏に「一緒に使う仲間」をまとめる
賃貸物件の限られたくうかんでも、「使う場所にしまう」を実践するため、扉裏を有効活用。あとではがせるテープ式のフックにラックを下げたりしています。

_I9A2310.jpg
_I9A2275.jpg
機能面重視なのに、なんだか素敵!

おしゃれにしようと気負わなくても、使いやすさを求めることは、快適さだけでなく、美しさにも通じるのかもしれませんね。
 


参照:『サンキュ!』12月号「本当に必要な物とだけ暮らす方法」より一部抜粋 撮影/回里純子、取材/石川理恵、文/田谷峰子
『サンキュ!』最新号の詳細はこちら

関連するキーワード

リビングの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

リビングの新着記事も見てね

AND MORE

リビングの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP