1. トップ
  2. リビング
  3. シンプルライフな人が実践している“ラクちん”洗濯&アイロン術3

シンプルライフな人が実践している“ラクちん”洗濯&アイロン術3

2017/05/19【 リビング 】

洗濯して、干して、取り込んで、たたんで、収納する・・・。衣類や布物の洗濯まわりの家事って、意外と労力がかかって大変です。アイロンにかかる時間はバカにならないし、ときには洗濯機の中で洗濯物がからまるというハプニングも。ということで、ステキなシンプルライフを実践している家事上手さん達の、目からウロコの洗濯&アイロン術をご紹介いたします!


家事上手さんの
~洗濯物のからまり対策~
洗濯物を干すだけでも面倒なのに、洗濯機内でからまっているともうやる気がダウンしてしまうことも。ひと工夫するだけでも、ストレスの元を軽減することはできます!


テク1
「ひもつき」のものだけネットに入れればOK!

ひもなど長いものがからみつくと厄介! エプロンやパーカー、子どもの体操服の袋などひもがあるものだけでも、ネットに入れておくとすごくラクになりますよ。また、靴下など迷子になりやすいものもネットに入れるのがおすすめ


テク2
前身頃のボタンをそでに留めればからみなし

長そでのシャツは、そで口のボタン穴に前身頃のボタンを留めてから洗濯機へ。そでがほかの衣類にからまりにくくなります。また、長いものはネットに1つずつ入れるようにするのもコツ。洗濯物をいちいちほどく手間が減らせます

本間さん-3.jpg

家事上手さんの
~洗濯物をたたむ&アイロンがけ対策~
「たたむ→収納」「アイロンを出す→かける」作業は、毎日のことだけに憂うつ……。達人たちはみんな、たたまずにハンガーや放り込み収納を実践。アイロンは時間や量をしぼって面倒を回避していました。


テク1
ハンガー&突っ込み収納で、もうたたまない!

わが家では、下着や靴下、子ども服の一部以外はすべてハンガー収納に。洗濯して乾いたら、そのまま掛けるだけ。引き出しに入れるものも、1ボックス1アイテムずつざっくり突っ込むだけ。気のりしないたたむ作業をやめたら、時短にもなり、面倒からも解放されました


テク2
まとめて時間をとるより、1日1枚のルーティンがラク

夕食後、お風呂のお湯がたまるまでの20分間をアイロンタイムと決めています。夫のワイシャツは1週間分まとめてかけるより、1日1枚ずつルーティンでやってしまったほうが作業も最小限だし、気持ちも軽くなりました


テク3
アイロンマットなら出し戻しの面倒はなし!

アイロンがけはダイニングテーブルの上で行うので、かごに入れてダイニングのそばに待機。折りたためるアイロンマットとセットにしておけば、出し戻しもラクに。いちいち「アイロンを出さなきゃ」という面倒がなくなりました


テク4
同じ素材・デザインでそろえる。交ざっても気にならない

ふきんやタオルは、同じようなデザインで統一。使う順番も決まっていないので、たたまずに放り込むだけ。夫の靴下も、全部同じ色、デザインでそろえてました。左右ペアにしてたたむ手間がないので、こちらも放り込み収納に


いかがでしたか? 家事をラクにするコツって、面倒なことを事前に防止したり工夫したりするだけでなく、いい意味での“適当さ”や、いさぎよさが大事なのかもしれませんね!


参照:『サンキュ!』5月号「イヤ&面倒なアレをラクにする方法」より一部抜粋 監修/本間朝子、尾崎友吏子、マキ、岡田三恵子、yomimoo65、撮影/小野田陽一、林ひろし、取材/梶謡子、文/田谷峰子
『サンキュ!』最新号の詳細はこちら

関連するキーワード

リビングの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

リビングの新着記事も見てね

AND MORE

リビングの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP

雑誌「サンキュ!」の公式サイト「サンキュ!」がオープン。口コミサンキュ!をご覧になりたい方はコチラ!

新着記事

サンキュ!トップブロガー新着記事

INFORMATION

お知らせ一覧を見る

こちらの記事もチェック!

編集部のおすすめ記事

連載記事

動画

サンキュ!カテゴリ別人気記事

PICK UP