1. トップ
  2. リビング
  3. 家事がラクになるために主婦が習慣にしている5つのこと

家事がラクになるために主婦が習慣にしている5つのこと

2017/05/23【 リビング 】

手間がかかる作業ほど、曜日や時間を決めて一気にやると、あとがラクに。「頑張ってやる」ではなく、ルーティン化するのが長く続けるコツです。“明日の私”をラクにするための家事のコツを、家事達人の5人の主婦にリサーチしました。まねしてみたら「あれ?今日ちょっと時間に余裕があるかも?」って感じられるはず!
アイロンがけは週2回のみ

幼稚園のべんとう用の布ものは、週の半ばと週末にまとめてアイロンがけしています。忙しくて週1回しかできなくても、ストックが多めにあるから大丈夫。さらに「最悪、アイロンがかかってなくても、だれも見てないし」と割り切ってます(ライフオーガナイザー 田中由美子さん)

洗う、切る、ゆでるの作業ごとにまとめてやる
複数のおかずの下ごしらえは、同じ作業をできるだけまとめてやっています。例えば野菜なら、使うものを全部出す→一気に洗う→食材ごとに炒めもの用、みそ汁用などに切り分ける→ゆでるなど。まな板や鍋などを使うのも最小限ですむので、片づけもスムーズです(ブログ「cozy-nest」主宰 尾崎友吏子さん)

週末に常備菜を作る
_DSC9054.jpg
土日のいずれかで1時間半~2時間、10品程度の常備菜作りを。そのまま出せるおかずのほか、下ゆでや漬け込みまでやっておくだけでも、平日の食事作りが断然ラク! 調理も洗い物も片づけ時間も減らせます(サンキュ!読モブロガー 岡田三恵子さん
 
仕事の前日に掃除をする
仕事があるときの前日にできるだけ家事をまとめるのが習慣。例えば、浴室の掃除を念入りにしておけば、翌日疲れていたら「掃除しなくてもいいか」と省くことも。ゴミ箱をからにしておく、洗剤を補充するなど、小さなことでもやっておくと、気持ちがラクになります(インスタグラマー yumimoo65さん)

おかずは小分けしてストックする
週末の買い物後、冷蔵庫に入れる前に野菜類を洗ってカットして保存袋に。これだけでも平日の調理の手間が減らせます。ハンバーグやひじきの煮もの、ミートソース、お好み焼きなども大量に作って小分け冷凍しておくと、あと一品欲しいときに役立ちます(サンキュ!トップブロガー tokotokoさん

今回ご紹介した5つの家事テクについて、5人の家事達人が「ラクになった!」と感じているのはトータルで1日約90分! 家事を効率化して、家事に追われず、もっと自分の時間を有意義に使えるようにしませんか?

共通テキスト>
参照:『サンキュ!』5月号「毎日の家事を一生ラクにする方法。」より一部抜粋 撮影/林ひろし(メインカット)、撮影協力/サンキュ!読モブロガー岡田三恵子、構成/宮原元美、取材・文/梶謡子
『サンキュ!』最新号の詳細はこちら

関連するキーワード

リビングの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

リビングの新着記事も見てね

AND MORE

リビングの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP