1. トップ
  2. リビング
  3. 脱・汚部屋スパイラル! キレイがずっと続く5つの片づけルール

脱・汚部屋スパイラル! キレイがずっと続く5つの片づけルール

2017/07/22【 リビング 】

散らかった部屋を一念発起して片づけてみても、1週間後には元通り。そんな汚部屋スパイラルから抜け出す秘けつは、小さな心がけにありました。片づけ上手な主婦たちが実践している、5つのルールを紹介します。


ルール1、1ボックス1アイテム収納にする
 1462338786740.jpg
書類関係・整理終了
サンキュ!トップブロガーtokotokoさんが守っているルールは、1ボックス1アイテム収納。いろいろなアイテムを一緒に入れてしまうと、ごちゃごちゃして探すときも大変。1アイテムだけと決めておけば、しまうときにも迷うことがありません。

ルール2、違和感のある服は別の場所へ
IMG_20160626_153856.jpg 
服の数を更に絞る
tokotokoさんが実践しているもう一つのルールが、定期的に服を見直して数を絞ること。今の自分には似合わない服、体型が合わなくなった服などは、ひとまず別カゴへ。すぐに捨てるのに抵抗がある人も、これなら「着たい」と思ったときにまた出すことができます。

ルール3、ボックスに入るぶんだけと決める
32144.jpg 
まとめる.
サンキュ!トップブロガー藤原絵美子さんは、押し入れの下段におもちゃの収納ボックスを入れています。守っているのは「おもちゃはここに収まるぶんだけ」というルール。ボックスからあふれるほどおもちゃが増えてしまったら、それが片づけ時のサインです。

ルール4、同じケースで見た目を統一する
20170703_230517.jpg 
キレイへの近道
サンキュ!ブロガー海老原葉月さんは、キッチン棚の収納を、ダイソーのケースでそろえています。色と形が統一されているので、シンプルでスッキリとした見た目に。中には子ども用の食器類やフードコンテナなどを収納し、「箱をあふれさせない」をルールに整理しています。

ルール5、工具や部品は即ラベリングする
   NCM_0994_001.jpg

NCM_0996_001.jpg
組立⇒ラベリングの新習慣
家具などを組み立てた後に出る、工具や予備の部品。適当に保管するとごちゃつく上に、何の部品か分からなくなってしまう原因に。サンキュ!ブロガーのmichiyoさんは、組み立て後すぐに小袋に入れてラベリングし、工具箱の中へ入れています。これなら、必要なときに迷わず見つけられますね。


いかがでしたか? どれも、無理せず実践できそうなルールばかりでしたね。これらを習慣化してしまえば、部屋が散らかり放題になることはないはず。早速、今日から始めてみませんか?


(参照:口コミサンキュ!
※記事内容でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。



<お知らせ> 
「サンキュ!LINE公式アカウント」がスタートしました♪今すぐできる素敵な暮らし情報をお届けします。ぜひお友だち追加してくださいね。


リビングの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

リビングの新着記事も見てね

AND MORE

リビングの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP