1. トップ
  2. リビング
  3. お客さまから“清潔感のある家”と思われる「10」のコツ

お客さまから“清潔感のある家”と思われる「10」のコツ

2016/04/20【 リビング 】


およばれして、遊びに行ったお家が、ピカピカにお掃除され、片づけが行き届いていたら、
「私のためにキレイにしてくれたんだな☆」と感じて、うれしくなるものです。

そうなると今度は、「私もこんなキレイな家にお客さまをお招きしたい」と思うもの。


そこで、“今まで訪れたお宅で感動したものはありますか?”というアンケートをモニター140名に実施したときの熱いコメントをもとに、
清潔感がさらに輝く、おもてなしアイテムを紹介します☆


ちょっとの手間でゲストがさらに感動☆
清潔感がワンランクアップする「おもてなしアイテム」10


1 スリッパが新品みたいにピカピカだった
直接身につけるものだから、清潔であってほしいですよね。玄関同様スリッパの印象はそのまま家の印象にもつながります。裏も表もキレイなものを用意したいですね


2 テーブルの上にさりげなく花が飾ってあった
ふんわりと漂うよい香りも清潔な印象をアップさせます。わざわざ買ってきた感を感じさせない、シンプルな花やグリーンだと、「いつもこんなにキレイにしてるのかしら? 素敵☆」という感じが出ます


3 上着を掛ける用に渡されたハンガーが白木のものだった
クリーニングハンガーが悪いわけではないけれど、それなりのハンガーが出てきたら、うれしいもの。細かいところまでキレイが行き届いている印象を与えます


4 出されたお水からほのかに柑橘系の香りがした
ただのお水でも、さり気なくレモンなどの柑橘やハーブの香りがすると、清潔感を感じます!


5 手を洗う石けんからすごく上品な香りがした
石けんやハンドソープは最も清潔でなくてもいけないもの! 石けん皿やハンドソープのボトルにも汚れや液垂れがないか要チェック。石けんの場合は、ひび割れてたりちっちゃくなっていたら、新しいものにしておきましょう。

IMG_9127.jpg
6 手を拭いたタオルが白くてふかふかだった
タオルが清潔なのは当たり前ですが、ゲストが多くて使っているうちにタオルが汚れてくるようなら途中で新しいものに替えたり、小さいサイズのタオルを複数用意して、みんなが好きに使えるようにすると、おもてなし力の高さを感じます


7 グラスが漂白したみたいにキラキラ光ってた
口をつけるものだから清潔であるのは当然ですが、人は“光る”ものが出てくると「キレイ」という印象を強烈に持つものなので、しっかり磨いたりいっそ漂白しておくといいでしょう!


8 並べられたカトラリーがピカピカだった
これも、素材に合ったクリームクレンザーなどで磨いておくといいでしょう! 光らない素材でも、汚れやシミがないかチェックして


9 台拭きが洗濯したてみたいにキレイだった
台拭きが雑巾みたいにくたびれていたら、要注意。ふだんゲストの目に触れないようなアイテムまでキレイだと、「日頃から清潔な暮らしをしているんだなぁ☆」と感じます。


10 子どもが寝てしまったとき、ふんわり柔らかな肌掛けを掛けてくれた
世のママたちは、わが子にキレイな肌掛けを掛けてもらえたら、どんなおもてなしよりもうれしいものです!



実はどれも特別なアイテムや、難しい作業の要らないものばかり。
次回お客さまをお招きするとき、トライしてみてはいかがでしょう?
お客さまだけでなく、おもてなしする本人も、豊かな気持ちになりそうですね☆


参照:『サンキュ!』4月号「清潔感がさらに輝くおもてなしアイテム10」より一部抜粋 写真/押尾健太郎、取材/編集部、文/田谷峰子
『サンキュ!』最新号の詳細はこちら

リビングの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

リビングの新着記事も見てね

AND MORE

リビングの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP