1. トップ
  2. リビング
  3. 今こそ断捨離! 空間だけでなく、心も豊かに

今こそ断捨離! 空間だけでなく、心も豊かに

2017/07/18【 リビング 】

今や、物捨ての表現としてすっかり定着した「断捨離R」。この言葉の生みの親であるやましたひでこさんに、断捨離本来の目的や、断捨離することで得られるメリットについて、お話を伺いました。暑い夏こそ、断捨離を実践して、部屋も心もスッキリ解放してみませんか?

断捨離とは、開放的な環境づくりをすること
断捨離02_宮原.jpg
『新・片づけ術 断捨離』の著者、やましたひでこさん

部屋にモノがあふれていると不快に感じ、リラックスできなくなるもの。不要なモノを排除するだけではなく、モノへの執着を捨てることで、身の回りだけでなく、心までスッキリ解放することが断捨離の目的です。モノを減らすと、動きやすく、呼吸しやすい空間になるので、「断捨離=空間のヨガ」ともいわれています。

モノが少なければ、細かい分類も不要に
断捨離03_宮原.jpg
まとまった時間がなくても、目の前にある不要なモノを1つ捨てる、引き出し1段分を片づけるだけでもOK。大切なのは、不要品がなくなった空間の快適さを実感すること。その気持ちを繰り返していくことで、心地いい空間が保てるようになります。また、モノが少なければ、細かく種類別に分けたりする手間がなくなり、出し戻しもラクになります。

「片づける」という発想がなくなります
不要なモノを取捨選択していくときに大切なのは、主役はモノではなく、あくまで「自分」であること。「今の自分にとって必要か」を軸にしてモノを絞り込み、不要なモノをひたすら手放していくことを常に意識するだけで、部屋には本当に必要なモノだけがある、心地いい状態に。それを維持していくだけなので、自然と「片づける」という考え自体がなくなってくるのです。

好きなモノだけに囲まれ、毎日が楽しく!
断捨離は、清貧生活のススメではありません。「もったいない」という執着を捨て、常に「今」を意識することが大事。服でも雑貨でも、旬のモノを取り入れると、テンションが高まりますよね。ストレスのもとを排除し、愛着があるモノだけに囲まれた暮らしは、気持ちも豊かになり、家族や自分自身にもやさしくなれるはずです。


断捨離は、「ただ不要品を捨てること」と思っていた人も多いはず。モノの見極めを通して、自分自身を知ることでもあるのですね。


参照:『サンキュ!』8月号「モノや情報にあふれた今こそ『断捨離』を。」より一部抜粋。 
掲載している情報は17年6月現在のものです。

監修/やましたひでこ、撮影/矢作常明、林ひろし、取材/平井裕子、文/宮原元美(『サンキュ!』編集部)

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら



<お知らせ> 
「サンキュ!LINE公式アカウント」がスタートしました♪今すぐできる素敵な暮らし情報をお届けします。ぜひお友だち追加してくださいね。

関連するキーワード

リビングの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

リビングの新着記事も見てね

AND MORE

リビングの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP