1. トップ
  2. お金
  3. 【診断】ストレスで衝動買い…チェックでわかるあなたの“貯蓄力”!

【診断】ストレスで衝動買い…チェックでわかるあなたの“貯蓄力”!

2016/04/14【 お金 】


雑誌「サンキュ!」読者・モニター200人へのアンケートや、これまでのお金特集の取材から、
お金が貯まる人貯まらない人の差には、「ストレス度」が大きく関わっていることがわかりました!

 

同じ環境・条件でも、ストレスがたまりやすい人と、そうでない人とでは、出来事に対する受け止め方や行動が大きく違い、
それが“貯蓄力”に大きな影響を与えていました。


そこで、“ストレスがたまりやすい=お金が貯まらない人”が、おちいりがちな考え方・行動パターンをチェックしましょう!


あなたはストレスが溜まりやすい=お金が貯まらない?
当てはまる項目をチェック☆


CHECK1
お金を使う基準は「とにかく安物買い」主義!

解決⇒安さだけを優先すると、使いにくかったり、すぐ壊れたりて、結果ムダ買いだったということになりがちです。
ストレスフリーなやりくり上手は値段よりも「自分や家族にとって本当に必要なもの、欲しいもの」を基準に厳選しているもの。買ったものへの満足度が高いので、長く大事に使う傾向もあります。


CHECK2
食費は「削るもの」。節約重視の食卓です
解決⇒
メニューがマンネリ化したり、ストレス発散の外食に走りがちになります。
“食”は家族のテンションも左右するので、無理に削らず高めの質で満足感を選んだほうが、心地よい状態で貯められます。


CHECK3
日用品は「どうせ使うから」と特売日に大量買い
解決⇒
行き過ぎると交通費やガソリン代のほうが高くついたり、ダブり買いも大発生。値段だけにとらわれず、必要なときに必要な分だけの最小限のストックにすれば在庫管理もしやすく、ムダなダブり買いもなくなります。


CHECK4
固定費は必死の節電・節水でちまっと節約
解決⇒
固定費を減らしたいなら、面倒がらずに定期的に光熱費や通信費の料金プランを見直したり、コスパの高い家電を取り入れたほうが大きな費用削減になります!


CHECK5
カードはちょこちょこ使って高額になってしまう(汗)
解決⇒
カードはたくさん作ってしまうと個々のポイントがなかなか貯まらないし、引き落としのタイミングがばらばらだったりと、管理しづらくなります。
やりくり上手は少ない種類のカードでポイントを効率的に貯めたり、固定費の支払い専用にし引き落としを把握しやすくするなどの工夫をしている人が多いんです


CHECK6
夫は当てにならない“大きな子ども”と思ってる
解決⇒貯めたいなら夫に家計簿を見せるなどして、家計と貯める目的を共有すること。
夫を“貯まらない原因”なんて思わずに、夫の趣味も尊重し、収入に不安を感じたらフォローするようにすれば、夫も自然と協力的になってくれます


CHECK7
自分の小遣いは削りどころだから、少額でもガマンしてる!
解決⇒自分ばかりガマンしているというストレスはいつか爆発し、生活費を使い込むことにも!
 家計に無理のない範囲で一定額を確保して、やりくりのモチベーションをアップさせましょう。余ったら外食やレジャーの積み立てに回そうと思えば、多めに確保しても罪悪感はゼロ!


“やりくり=ガマン”ととらえる人はストレスがたまりやすい傾向にあるのだそう。
ガマンする方法は長続きしないだけでなく、イライラしてストレスがたまるので、集中力や判断力が低下し、衝動買いや過食にもつながって、結果ムダ遣いにつながるんだそうです。

家族の幸せのための“やりくり”なのに、辛くなったり不幸な気持ちになっては本末転倒!
自分も家族も心地よい状態で、上手に貯められるよう、今日から“ガマン”にサヨナラしましょう☆



参照:『サンキュ!』4月号「ストレスがある人・ない人の貯め力はこんなに違った!」より一部抜粋 監修/戸田久実、写真/高野友也(ピースモンキー)、取材/スタジオ・ポット、文/田谷峰子
『サンキュ!』最新号の詳細はこちら

 

こちらの記事もチェック!

お金の新着記事も見てね

AND MORE

お金の人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP