1. トップ
  2. お金
  3. 企業の懸賞担当者が覆面で告白。当たる裏ワザはこれ!

企業の懸賞担当者が覆面で告白。当たる裏ワザはこれ!

2015/08/19【 お金 】


ズバリ、懸賞に当たるコツ」「当たりやすい賞品」を体当たり取材しました!

担当者が1通1通コメントを読んで、当選者を決める懸賞では、
コメント次第で落とされることもあるけれど、逆に当たる可能性も大!

また、たとえ厳正なる抽選で選ばれたとしても、
“あるマナー”に違反してしまったら、落選者に逆戻り!なんてこともあるようです!

匿名なら……と業界のタブーに挑んで答えてくれた企業の懸賞担当者と、懸賞達人が語る、懸賞当選の裏側とは……?


その1)ハガキ懸賞の応募の基本はコレ!

1つでもモレたらアウト!!

担当者の声:発送も担当者の仕事なので、郵便番号など調べるのは手間。

担当者の声:賞品がアルコールの場合は年齢が書いていないと当てられません。

これで2割が落選しているそうです。



そして・・・愛あるコメントを書きましょう!

担当者の声:一見厳しいコメントでも、的確な意見であれば愛を感じます。
      提案付きなら絶対当てたい!
担当者の声:賞品への並々ならぬ愛やこだわりを感じると当てたくなります。
担当者の声:「お仕事おつかれさまです」など応援メッセージはベタだけどうれしい♪


その2)モニター懸賞のコツ

企業側の意図をしっかり把握すること!

担当者の声:その商品を試したい理由を書くこと。
     「子どもといっしょに使いたい」など、使う場面を具体的に書くと当選率アップ。
担当者の声:モニター記事は「感想」「どのように使ったか」「効果」の3点をわかりやすく書くと企業ウケ◎
     
当選のリピート率もアップします。

企業の目的は「商品のPR」「ファン作り」!
ネットモニターならブログやFacebookをまめに更新したり、狙った企業に「いいね!」でアピールするのもアリだそう。


★注目★
懸賞の達人が
「ほんとうは教えたくない」と言いながら、ついに告白!

今、当たりやすい懸賞はコレ!

1)最近値上げした商品のメーカー懸賞
消費者は値上がり前に商品を買いだめするので、値上げ後は売り上げが低迷。
メーカーはノルマを達成するべく購買意欲を取り戻すため豪華懸賞を増発します。


2)親子参加型の体験イベント懸賞
子どもの年齢など条件がつくものは応募者が少ないので穴場。
キャンプなどのイベントには男手が必要なため、父親の名前で応募すると当選率UP!


3)観光協会の懸賞
北陸新幹線開通で金沢に注目が集まっているため、他の観光協会も懸賞で観光客を呼び込み中。
旅のエピソードなどを添えると当選率UP!



懸賞になかなか当たらない……なんて人は逆にチャンスかも?
この機会にトライしてみては?
ほんとに当たっちゃうかも☆




『サンキュ!』2015年8月号「企業担当者が告白! 懸賞当てる裏ワザ」より一部抜粋
撮影/片岡祥、監修/ガバちゃん(「ガバちゃんの対談集」9月30日より白夜書房より発売)、構成・文/田谷峰子


『サンキュ!』最新号の詳細はこちら

こちらの記事もチェック!

お金の新着記事も見てね

AND MORE

お金の人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP