1. トップ
  2. お金
  3. 「持ちすぎない暮らし」ができる4つの買い物ルール

「持ちすぎない暮らし」ができる4つの買い物ルール

2017/05/18【 お金 】

特売品をつい多めに買いすぎたり、流行のアイテムをつい衝動買いしたり……。家の中に物があふれて片付かない原因は、もしかすると買い物のしかたにあるのかも。今日からは、4つのルールを守って賢く買い物することで、お金も時間も節約してみませんか?


こちらの記事でもご紹介している、主婦のかおりさんは、4つの買い物ルールを決めていました。物を持ちすぎないことで、暮らしもやりくりもスッキリ&シンプルに♪


1. 「欲しい!」と思ったら必ず半年以上ねかせる
欲しいものを見つけたら、いったん物欲をねかせて自分の本気度をチェックします。ネットストアなら、「お気に入り」に保存。半年たってもまだ欲しかったら買ってもよし!がルールです。


2. 買い物はほかの用事とまとめて外出!
買い物メインで行くと、つい時間をかけてしまいがち。買い物は「ついで」を基本にすることで、お店の滞在時間が短くなり、買いたいという誘惑も最小限に抑えられます。


3. 余分なストックは持たない
_G1I9553.jpg
日用品は、なくなりそうになってから買いに行くのがルール。管理する場所も時間も大幅カットできます。店頭で安さにつられて買うことがないので、やりくり費も乱れません。


4. 買い物に迷ったら夫に相談
_Q9R0048.jpg
「本当に必要か」を夫婦で話し合うように習慣づけましょう。自分だけの「欲しい」ではなく、夫婦で納得したものを買えば、満足度の高い買い物ができます。むやみに物が増えるのも防止できて◎。

 
4つのルールは、どれも今日から実行できそうなものばかり。買い物をする前に、ちょっと立ち止まってルールを思い出してみるのもいいかもしれませんね。


参照:『サンキュ!』5月号「今ドキの主婦は、どシンプルな『貯めるシステム』で成功していた!」より一部抜粋 撮影/久富健太郎(SPUTNIK)、取材/村越克子
『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

こちらの記事もチェック!

お金の新着記事も見てね

AND MORE

お金の人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP