1. トップ
  2. お金
  3. 「継続は現金なり」!? 風水的“お金を貯める”の考え方

「継続は現金なり」!? 風水的“お金を貯める”の考え方

2018/05/22【 お金 】

CONTENTS

「継続は力なり」とよく言いますが、「力」とは何をあらわしているのでしょうか?「力」を用いた熟語には「権力」「勢力」「財力」「原動力」「潜在力」「能力」などさまざまあります。風水では「力」は「現金」を意味します。風水の第一人者Dr.コパに、わかりやすく解説してもらいました。

才能はお金の生み出す源=財源

「継続は現金なり」というのは、同じことを続けることで、その道のプロフェッショナルになって、稼ぐ力が備わるということだね。
そもそも、ひとつの仕事を10年も、20年も続けられるというのは、その人に根気があったり、辛抱強いというだけではなく、その仕事に適正があるということ。
単にその仕事に向いているというだけではなく、自分がやった仕事が、まわりから評価されていることでもある。評価されなければ、続けることはできないし、お金ももらえないからね。言い換えれば、その道の才能があるということでもあるんだね。
才能はお金の生み出す源=財源、金運が湧き出る源泉というわけだ。
世の中、仕事が長続きしないで、職を転々とする人は少なくない。「この仕事はなんかしっくりこない」「自分はこんな会社に埋もれるような人間ではない」「会社の人間には、オレの能力がわからないんだ」と感じて、すぐに辞めちゃう人も多いからね。それじゃ、金運の源泉にはたどりつけない。
自分に向いた職業=適職を見つけられるというのは、もちろんその人の才能や努力もあるけど、運が強いということでもあるんだよ。

「継続は現金なり」をさっそく実行

続けることが金運アップにつながる風水を3つ紹介します。

① “運貯金”をコツコツ続けること!

「西に黄色」「ラッキーカラーを身につける」「ラッキーフードを食べる」など、日ごろから地道に風水を実践していると、“運の貯金残高”が増えていきます。
何かアクシデントがあったときに、運貯金の残高が多い人は、その貯金を使うことでダメージを小さくすることができますが、貯金残高が少ない人の場合は、残高不足でダメージをカバーしきれずに、痛手が大きくなります。

② チャンスに休日なし!

幸運をつかむチャンスは、いたるところにあります。自分のまわりは、実は、チャンスだらけなのですが、それに気づくかどうかが分かれ道。チャンスをキャッチするアンテナを常に張り続けることが、チャンスを逃さない秘訣です。
また、自分の運のバイオリズムが高まっているときは、休みを取らずに、運の波に乗り続けることが大事です。

③ 風水の効き目はあせらずに!

風水の効果があらわれるのは人それぞれ。早い人では速効に、長い人なら1000日かな。願い事によっても、また人によっても、効果の表れ方が違います。今までに知ってか、また知らずにでも運を高める過ごし方をしてきた人には即効性があります。たとえば玄関に花を飾ったら、すぐに懸賞当選の連絡が来たなどといった話しもあるんですよ。
昨日、今日からスポーツジムに通ったり、食生活に気をつけるようになったからといって、急に体質改善できないのと同じように1日1つでもいいので風水を続けることで、“強運体質”に変化していきます。風水を始めるのに手遅れということはありませんが、1日でも早く始めれば、それだけ早く強運になり、金運が巡ってくるというわけです。


「思い立ったが吉日」、今日から風水を始めて、それを続けることで、あなたの金運を上げましょう。

「サンキュ!」では夫婦のお悩みを募集中!Dr.コパに風水でお悩み解決をしてもらいませんか?
サンキュ!Web連載「風水お悩み相談室 夫婦の秘密の悩み、コパにまかせて!」 応募フォーム


監修/Dr.コパ 文/村越克子

こちらの記事もチェック!

お金の新着記事も見てね

AND MORE

お金の人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP