1. トップ
  2. お金
  3. がんばっているのに貯まらない理由をお金のプロが検証!

がんばっているのに貯まらない理由をお金のプロが検証!

2018/06/21【 お金 】

「私もやりくりがんばってるのに、1000万円なんてほど遠い。自分と1000万円貯めた人とはどこが違うの?」と納得のいかない、そこのあなた!そんなあなたと同じ思いを抱えている人たちのやりくりを、お金のプロが検証。貯まらない理由を暴きます。

「ふつうのやりくり」を「貯まるやりくり」に!

お金は、「ふつうにやりくりしていれば、そのうち貯まるだろう」と思って貯まるものではありません。他の人のやりくりテクのまねをしているだけでは、その頑張りが継続的な貯蓄にはつながらないのです。「このやりくりをしたら、どうお金が貯まるのか」を考え、本気で貯めようという意志を明確にしていきましょう。

今回は、やりくりを頑張っているサンキュ!ブロガー・Yさん(千葉県・30歳)の家計を徹底分析。家計改善のプロ・藤川太さんがアドバイスします。

【YさんのMONEYDATA】
・月収(手取り)27~40万円
・ボーナス(年間・手取り)120万円
・年収(手取り)540万円
・月貯蓄額 2万円
・年貯蓄額 64万円
・総貯蓄額 256万円

家計簿の書き方

ふつうのやりくり……家計簿の見直しは月末だけ
書くことで出費が頭に入るし、すき間時間につけて、見直しは月末に1回だけ。

貯まるやりくり……家計簿はこまめに見直す!
家計簿はこまめに見直して、次に役立ててこそ意味があります。まずは週予算を決めること。今週予算オーバーしたら翌週を引き締めて、1カ月で予算内に収まるように調整しましょう。

食費

ふつうのやりくり……食費は削らない!
家族の健康のために食費は削らない主義。

貯まるやりくり……削りどころのメリハリをつける
食費にお金をかけるなら、他に削っている費目はありますか?あれもこれもこだわっていたら、「せっかくだから」「どうせだから」と支出が増えて家計はふくらむ一方。こだわるところと、削りどころのメリハリをつけて。

急な出費

ふつうのやりくり……ボーナスの一部をプール
入園準備や友人の結婚式など臨時出費で慌てないよう、ボーナスの半分を特別出費用にプール。

貯まるやりくり……ちょっとの先読みが大事
「急な出費」って、本当は「急」ではないんです。例えば、入園準備にはお金がかかるものと事前にわかっているはず。少し先を読めば、ミシンも最安値を探すなど、お得に購入できたかもしれません。

クレジットカードの賢い使い方

ふつうのやりくり……大きな買い物はクレジット払い
カード払い分を生活費から引き落とし口座に移しているけど、忙しいときは無理しません。大きな出費を生活費から捻出するとすぐに赤字になるけど、カード払いにすれば心配なし。

貯まるやりくり……見えないお金に意識を!
クレジットカード払いは、財布からお金が減らず、やりくりできている錯覚に。使ったら現金を移す、家計簿に書くなど〝見える化〞を。それが面倒なら、カード払いは控えるのが得策です。

通信費

ふつうのやりくり……固定費は特に何も対策しない
固定費は生活していくうえで必要な出費だから、請求金額を支払うだけ。スマホは大手キャリアは譲れないけどプランを見直して、今のがベストプラン。

貯まるやりくり……世の中の最安値を探して!
大手キャリアにこだわらず、格安スマホの検討も。いくら安くなるかを計算して数字を見れば気持ちも変わるはず。今は電力会社も選べる時代。現状から変わることを恐れていたら、損しますよ!

今まで「ふつうのやりくり」をしていたという人も多いのではないでしょうか。本気で貯めようと思ったら、「貯めるやりくり」にシフトチェンジしましょう!そうすれば、1000万円貯金も夢じゃありませんよ。

教えてくれた人……藤川太先生
ファイナンシャル・プランナー。「家計の見直し相談センター」代表。〝ふつうの人〞でもお金を貯められる&殖やせるアドバイスが好評。

参照:『サンキュ!』7月号「ふつうの主婦でも1000万円貯まる方法、徹底解明! !」より一部抜粋。掲載している情報は18年5月現在のものです。 監修/藤川太 構成/出下真紀 取材・文/村越克子

『サンキュ!』最新号の詳細は こちら!

こちらの記事もチェック!

お金の新着記事も見てね

AND MORE

お金の人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP