1. トップ
  2. 連載記事
  3. 【連載】親子でエプロンの日 「カクカクアイス作り」にチャレンジ!

【連載】親子でエプロンの日 「カクカクアイス作り」にチャレンジ!

2017/10/05【 連載 】

CONTENTS

暑い日が続く夏休み。バナナを手でつぶして、冷た~いカクカクアイス作りにチャレンジしてみましょう!

1.バナナをジッパーつきポリ袋に 入れてつぶします

熟れたバナナ4本をジッパーつきポリ袋に入れ、なめらかになるまで袋の上からもんでつぶします。子どもが小さかったら、バナナは1本ずつつぶして。ちぎってから袋に入れるとつぶしやすくなります。また、大人が袋の上を持ってあげると、子どもがつぶしやすくなって◎

2.生クリーム、ヨーグルトを加えて 混ぜます

砂糖大さじ4を入れて柔らかい角が立つくらいに泡立てておいた生クリーム2 0 0Aを、ヨーグルト100Aとともに に加え、混ぜ合わせます。生クリームは大人があらかじめホイップしておきましょう。

3.製氷皿に入れて、 冷凍室で冷やし固めます

スプーンで製氷皿に移し入れ、冷凍室へ。製氷皿がなかったらバットに入れて冷凍室で冷やし、固まったら大人がキューブ状に切り分けてもOK! 冷凍用保存袋に入れて冷凍室で保存し、好きなときに食べて!
※1~2週間を目安に食べ切ってください。

<2~3歳くらいからおすすめ>

柔らかくてつぶしやすいバナナを使うので、2~3歳くらいでもOK。混ぜ合わせる工程ではやりすぎても味にそれほど変化はないので、失敗なく楽しめます。

<小学生になったら>

夏休みの自由研究としてもおすすめ。柔らかかったバナナがつぶすとねっとりしてきたり、生クリームを混ぜるとふわふわになるのはどうしてか、考えてみても面白いでしょう。

【プロからのアドバイス】

わが家の子どもたちにとっても夏の思い出レシピです

このアイスは、わが家でも子どもが小さかったときに毎夏作っていたもの。冷凍室に常備して、お風呂上がりに1個ずつ楽しんだことも。お友達が来たときには、チョコレート菓子をトッピングしてアイスパフェにしたりもしました。季節ごとにおいしいものを作った思い出は子どもにはもちろん、大人にとっても大切なものになりますよ。

◆食育の専門家 上田淳子さん
料理研究家。雑誌やテレビ出演などで活躍する一方、双子男子の母としての経験を生かしながら、子どもの「食育」についての活動も行う

撮影/砂原文 スタイリスト/深川あさり 構成・文/松崎祐子

関連するキーワード

こちらの記事もチェック!

連載記事の新着記事も見てね

AND MORE

PICK UP

雑誌「サンキュ!」の公式サイト「サンキュ!」がオープン。口コミサンキュ!をご覧になりたい方はコチラ!

新着記事

サンキュ!トップブロガー新着記事

INFORMATION

お知らせ一覧を見る

こちらの記事もチェック!

編集部のおすすめ記事

連載記事

動画

サンキュ!カテゴリ別人気記事

PICK UP