1. トップ
  2. 連載記事
  3. 【連載】GUをこう着る。Vol.3 フォトグラファー、キムアルムさん

【連載】GUをこう着る。Vol.3 フォトグラファー、キムアルムさん

2017/09/15【 連載 】

CONTENTS

撮影するときは、あまり自分を 主張しない「ニュートラル」な 服を着ています。

 私のライフワークは、ポートレートを撮ることです。個人的には自分の作風を「ドキュメンタリーポートレート」と名づけていますが、人物を撮るときはできるだけリアルで、飾らない、ありのままのその人の瞬間を切り取ることを心がけています。だから撮影するときは、なるべく自分が被写体の人にとってニュートラルで、うるさくない存在になるような服を着ていたいです。

 今日着ているコートは、シンプルで直線的な形のメンズ物。例えば女性を撮るとき、自分の女性らしさは意識せず、ノージェンダーな気持ちでいたいからです。セーターはゆったりしたカシミヤ混の黒。カメラを構えるときに肩やひじを思い切り動かせるし、外での撮影でも暖かいです。黒い服は、気分的にも落ち着いてシャッターが切れます。

 最近断捨離をしたら、ますますシンプルで飽きのこない服ばかりが残りました。今住む東京の下町は、江戸時代のカルチャーやアートが感じられる場所で大好きだけれど、実はほかに運命を感じる土地があるかもしれない。極力荷物は少なくして、いつか本当に永住したいと思った地が見つかったら、いつでも根を張れるように身軽にしておきたいです。

Profile

キム・アルムさん:フォトグラファー。韓国で生まれ、20歳のころ来日。恋人の写真を撮るうちに写真に興味を持ち、プロの道に進む。『サンキュ!』のほか、ポートレートと料理を主に幅広いジャンルで活動する。趣味は旅とコーヒー。旅先で出会う人々や、その空気、そこで生まれるストーリーを記録するのが好き。定期的に写真展開催。

メンズウールブレンドステンカラーコート¥6,469、黒ウールカシミヤチュニック¥4,309(どちらも一部店舗のみで販売)/GU電話1(プッシュホン)0120・856・452 その他本人私物

※上記商品は、掲載月時点の情報のため、現在販売していない可能性があります。ご了承ください。

撮影/押尾健太郎 スタイリスト/丸尾朋世 取材・文/編集部 協力/GU

※『サンキュ!』2017年1月号より

関連するキーワード

こちらの記事もチェック!

連載記事の新着記事も見てね

AND MORE

PICK UP

雑誌「サンキュ!」の公式サイト「サンキュ!」がオープン。口コミサンキュ!をご覧になりたい方はコチラ!

新着記事

サンキュ!トップブロガー新着記事

INFORMATION

お知らせ一覧を見る

こちらの記事もチェック!

編集部のおすすめ記事

連載記事

動画

サンキュ!カテゴリ別人気記事

PICK UP