太陽の下で香水瓶 - 画像。

どうしてる?余った香水でおうち時間を楽しもう

2020/05/02
  • 3COINS・DAISOマニアの小学6年生のママ。無理なくできるちょいエコな生活にもトライしています もっと見る>>

毎日香水をつけている美意識高め中年の夫と、生意気にキッズ用の香水を持っている小学5年生の息子と3人暮らし、サンキュ!STYLEライターのまるやまひろこです。
香水好きなメンズに囲まれて私もちょこちょこ香水を購入することがあるのですが、あまりつけなかったり、肌につけてみると香りがイメージと違ったりで香水を余らせることもしばしばある私。
ボトルがかわいいから飾っていたのですが、それだけではもったいないと思い活用法を調べて実践してみました。

難しいことは特になし!おうち時間を楽しむアイテムに変身!

開封すると消費期限がぐっと短くなり、約1年といわれています。
1年以上使っていない香水をそのまま捨てるのはもったいないと思い、ルームフレグランスとして再利用することにしました。
リメイク方法はとても簡単で、ポンプ部分の金具をペンチで取り外し、そのままスティックや竹串をさせば完成です。
香りが濃い香水は、エタノールなどで薄めると香りが薄くなるので好みの香り具合に調節も可能です。

スティックはDAISOでも販売中

私はウッドスティックを以前DAISOで購入してあまりがあったのでそちらを利用しました。
ウッド調の他にもホワイトとブラックのスティックも販売されていました。
ボトルやお部屋のインテリアに合わせてカラーを選んでもかわいいですよね。
竹串でも代用可能なので、わざわざスティックを買わなくてもすぐにリメイクできます。

香水はボトルのデザインがかわいいので、そのまま飾っているという人も多いと思います。
どうせ飾るなら、消費期限が過ぎたものや、もうつけない香水はスティックをさすだけでできるルームフレグランスとして新たな活用法を試してみてはいかがでしょうか?
市販のルームフレグランスでは香りの強さが物足りないという人にもおすすめです。

この記事を書いたのは・・・まるやまひろこ
4歳年上の夫と、ディズニー大好き!プーさん大好き!な小学5年生の息子と3人暮らし。
普段はリラクゼーションセラピストとして日々奮闘中!

計算中