【休校中の置きお昼ごはん・10週目】(中学生向け)

2020/05/16
  • 主婦のひと工夫で価値を生み出す「錬金マジック」研究家。暮らしを楽しみお金を増やす工夫を日々研究中。もっと見る>>

こんにちは。
中学1年・2年の子を持つワーママでサンキュ!STYLEライターのママーリオです。
私の地域は5月末まで休校の延長が決定しています。私はテレワーク不可の仕事のため、子供に「置きお昼ごはん」の用意をして仕事に行っています。
1週間の子どもたちのお昼ご飯をご紹介します。



月曜:エビカツ

冷凍のエビカツ、ほうれん草と人参などを焼きこんだオムレツ、れんこんに衣をつけて揚げ焼きしたもの。
我家の子供たちは野菜があまり得意ではないです。姉弟でキライな野菜も違うので、共通で使える野菜が限られてしまうのが悩みです。
ご飯は炊飯器から自分でよそいます。
大根のお味噌汁はカップに入れておき、レンジでチンして飲むようにしています。

今回のエビカツはコープで購入したこちらです。6個入(252g)358円。
ちょっと小ぶりですが、レンチンで調理できるのでラクチンですね。
子どもたちと夫のお弁当に入れたらなくなってしまったので私は食べてないのですが、美味しかったそうです。

火曜:チキンタツタバーガー

マクドナルドのチキンタツタをヒントに冷凍品のタツタ揚げを利用して作ったバーガーです。
普通のバーガーバンズでよかったのですが、売ってなかったので、だったらタツタのバンズ風に自分で!と焼いたら出来が悪いです。
バーガー類は置きお昼にはよく作るメニューです。ポテトをサイドメニューにしたいところですが、冷めるとイマイチと思い、デザートやフルーツを添えるパターンが多いですね。

コープで購入した「レンジで出来る!チキン竜田 360g(4枚入)462円」を使いました。一枚のサイズが大きく、なかなか食べ応えのあるバーガーになりました。

水曜:しょうが焼き野菜炒め丼

肉野菜炒め系の丼は、野菜をたくさん食べられ、子どもにも好評なメニューなのがいいですね。
丼の具だけをお皿に入れて置いておき、お昼には炊飯器のご飯をよそって具を乗せて丼に仕上げてもらうシステムです。
カスピ海ヨーグルトにイチゴジャムを乗せたものを添えています。

業務スーパーで購入した冷凍品の味付き肉「豚生姜焼き」(500g)348円を使いました。加える野菜はキャベツはキッチンバサミで、人参はスライサーで切り、包丁とまな板使わずに作っています。

木曜:ごまだれうどん

乾燥うどんを茹でて、水でしっかり洗った後に水気を切り、くっつき防止にほんの少しサラダオイルを絡めています。
豚の薄切り肉を茹でて乗せて冷しゃぶ風に。
息子はきゅうりとトマトが苦手で、冷たい麺のトッピング野菜に使えないのが困りもの。今回はワカメに麺つゆで下味をつけたもの、カニカマをトッピングしました。
食べるときにゴマドレッシングや麺つゆを好みで使って食べています。
ごまだれうどんは子どもたちに好評で、夏休みの置きお昼にも何度か登場します。

宿題もぼちぼち進んでいます

5月の休校では、先生が宿題を各家庭に配布してくださり、かなり沢山の宿題が出ました。3月や4月のお昼は退屈しのぎに自分で作る要素が多いメニューも入れていましたが、5月は勉強に集中するために簡単にさっと食べられる(基本的に学校の昼休みと同じ時間でお昼を済ませる)もので用意するようにしています。
宿題の一部は来週回収です。とりあえず順調に進んでいるようで安心しました。
6月こそは登校できると思うのですが、気を緩めずに過ごして行きたいですね。

記事を書いたのは・・・ママーリオ
中学1年・2年姉弟のアラフィフママ。
主婦の「手仕事」「工夫」「アイディア」で価値やお金を生み出す「錬金マジック」を日々模索しています。

↑ライターサイト内にマイページができました↑
私の記事がまとめて読めます。あわせてご覧ください。


計算中