【粉末にも】シロップのお薬容器を便利にリユース【液体にも】

2020/07/20
  • 主婦のひと工夫で価値を生み出す「錬金マジック」研究家。暮らしを楽しみお金を増やす工夫を日々研究中。もっと見る>>

こんにちは。
中学1年・2年のママでサンキュ!STYLEライターのママーリオです。
子供が小さい頃はシロップの薬をよくもらっていました。空いた容器は再利用し、シロップ薬をもらわなくなった今でも当時の容器を便利に使っているものもあります。
私の再利用方法をお知らせします。


粉末の調味料の容器として

顆粒のだしの素や、重曹などの容器として使っていました。
さらさらと振り出しやすい形ですし、もともとシロップという液体を入れていた容器なのでねじ蓋もしっかりして湿気りにくいです。

中身がわからなくならないように記載する方法として、私のおすすめは「パッケージを切ってそのまま貼り付ける」です。ロゴデザインのおかげで直感的に分かりやすいです。

お弁当のたれ瓶として

お醤油などの小さなたれではなく、サラダのドレッシングや、夏場の麺類のお弁当のつゆなど、少し多めに添えたい液体の容器として使うのに便利です。
シロップ用の容器なので液漏れしにくいです。
シロップ容器は大きさがいろいろあるので、いくつかサイズ違いで残しておくと便利だと思います。

このような口が狭い容器はを洗うときは、少量の水と卵の殻を砕いて入れて振り洗いするのがおすすめです。

小分け容器として

私はドライイーストを業務用サイズで買って、冷凍保存していますが、近日使う分はお薬容器に小分けにして冷蔵庫で保存しています。
問題なく、長年このスタイルを続けています。機密性の高い優秀な容器なんだなと思います。

薬でのリサイクルは難しくても

シロップの薬容器は実費ですし、プラスチックなので持参して再利用できれば一番なのですが、衛生面の観点から、難しいのが実態のようです。
せめて自宅で、有効に再利用できたらと思います。使ってみてくださいね。

記事を書いたのは・・・ママーリオ
中学1年・2年姉弟のアラフィフママ。
主婦の「手仕事」「工夫」「アイディア」で価値やお金を生み出す「錬金マジック」を日々模索しています。

計算中