【鬼滅の刃】冨岡義勇の好物「鮭大根」が最高に美味しい季節【レシピ】

2020/12/13
  • 主婦のひと工夫で価値を生み出す「錬金マジック」研究家。暮らしを楽しみお金を増やす工夫を日々研究中。もっと見る>>

こんにちは。
鬼滅の刃の冨岡義勇の外伝をまだ入手できていないサンキュ!STYLEライターのママーリオです。
娘が義勇推しなため、義勇の好物「鮭大根」を想像で作るようになり、我家の定番となりました。ぶり大根があまり好きでない子ども達も大好物です。

冬本番は大根が最高に美味しい季節

冬は大根がとても美味しい季節ですね。旬の大根と、鮭のアラの部分を使って作る「鮭大根」は家計にも優しい美味しい1品です。詳しい作り方を書いていきますので、ぜひお試しください。(物語には登場せず、豆知識のコーナーや小説版の会話の中で義勇の好物として記されているものの為、想像で作っている、我家の定番メニューです。)

【材料】

鮭のアラ 1パック 
(アラでなくても作れます)
大根 20cm
醤油  大さじ1
味噌  大さじ1
砂糖  大さじ1
生姜すりおろし チューブ1cm弱
にんにくすりおろし チューブ1cm弱
酒   1/2カップ
水   1/2カップ

【作り方】

大根は皮をむき、2cm厚のいちょう切りにします。

鮭は大きい場合は好みの大きさにぶつ切りにします。熱湯にさっとくぐらせて水気をきっておきます。

圧力鍋の底に大根を並べ、その上に鮭を皮目を下にして並べます。

圧力鍋の底に大根を並べ、その上に鮭を皮目を下にして並べます。蓋をセットして火にかけ、シュッシュとおもりが振れるようになってから1分ほど加熱、そのまま火を止めて2時間ほど放置しておきます。
圧力鍋でない場合でも、大根が柔らかくなるまで加熱した後、蓋をして自然に冷ますことで味が染みると思います。

食べる前に蓋をせずに強火にかけて煮汁を少し煮詰めます。鍋を回すようにして煮汁を全体に絡ませてできあがりです。

我家の子ども達はぶり大根の煮たぶりのパサ付きがちょっと苦手なのですが、鮭大根はパサ付かないので子ども達も大好きです。うまみが染みた大根もよく食べてくれます。
鮭の切り身の横で尻尾の近くだけを集めたパックが大変お安く売られていたりします。安くて、美味しくて、食品の廃棄を避けることもできる。地球にも家計にも優しく、「鬼滅の刃」ファンの家族の心も温まる「鮭大根」は冬のごちそうです。
12/20には「鬼滅の刃 柱合会議・蝶屋敷編」フジテレビで全国ネット放送されますから、その日は柱の好物を夕食のメニューにしてはいかがでしょうか。

大根の皮も捨てずに美味しく

記事を書いたのは・・・ママーリオ
中学1年・2年姉弟のアラフィフママ。
主婦の「手仕事」「工夫」「アイディア」「エコロジー」で価値やお金を生み出す「錬金マジック」を日々模索しています。

計算中