「ぺこぱ」に学ぶ!気持ちの切り替えでストレス軽減!

2020/02/15

  • 主婦のひと工夫で価値を生み出す「錬金マジック」研究家。暮らしを楽しみお金を増やす工夫を日々研究中。もっと見る>>

こんにちは。
サンキュ!STYLEライターのママーリオです。

昨年末の2019年末のM-1はご覧になりましたか?
私のお気に入りは「ぺこぱ」と「すゑひろがりず」です!

ノリ突っ込まない「ぺこぱ」の芸風

2019年末のM-1グランプリ、ファイナリストの「ぺこぱ」
ノリ突っ込みそうで、突っ込まない、「優しいツッコミ」ともいわれる芸風は現代人の心のコントロール法として学ぶところが大きいと思いました。

「リフレーミング」に似たテクニック

リフレーミングという、自分の心をコントロールするテクニックがあります。

たとえば、水が半分入ったコップを見て、

「半分しかない」と考えることもできるし、
「半分もある!」と考えることもできますよね。

たいていの事柄って、考え方を双方に発展することができるんですね。
最初はマイナスの印象の事柄でも、違った見方をすることで、気分や感情を変え、落ち込みや不安を回避し、心の健康を保つテクニックといえます。

PTAの勉強会で取り上げたことがあるのですが、

「大人でも子供でも取り入れやすい」
「すぐに始めることができる、わかりやすい」と

子供の心の教育のひとつとして好評でした。

「リフレーミング」に関する本もおすすめ

「リフレーミング」という言葉で検索すると、いろいろな書籍や情報が見つけられますので、「ぺこぱ」と合わせて読んで見るのも良いと思います。

小さなストレスも「ぺこぱ」式で穏やかな心に

「ぺこぱ」のネタは、たとえば
シュウペイの影に松陰寺が隠されてしまってテレビに映らなくても
「オレが移動すればいい」

シュウペイが勝手にシメの挨拶をしてしまっても
「オマエが終わらせたっていい」

というように、一瞬は「何でだよ!!」とイラっときているはずの感情から、一転して寛大な心でツッコミを入れています。この意外性がとても面白いのですが、この時に「リフレーミング」的な転換が行われていると感じます。

このような小さなイラっとする瞬間って、誰でもが日々遭遇していることですよね。
イライラの感情をストレートに出している方はほとんどいないと思いますが、「モヤっ」とネガティブな気持ちは残ってしまいます。

「ぺこぱ」式に違った見方をすることで、気分や気持ちが変わり、その後の一日の気分も変わるのではないでしょうか?

私はこれからも「ぺこぱ」を応援しながら、子供と一緒に楽しんで、心の学びを得たいと思います!





記事を書いたのは・・・ママーリオ
中学1年・小学6年姉弟のアラフィフママ。
主婦の「手仕事」「工夫」「アイディア」で価値やお金を生み出す「錬金マジック」を日々模索しています。

↑ライターサイト内にマイページができました↑
私の記事がまとめて読めます。あわせてご覧ください。


計算中