【休校延長対策】昨年の中学1年は5/末に何を勉強していたか?確認してみた。

2020/05/01
  • 主婦のひと工夫で価値を生み出す「錬金マジック」研究家。暮らしを楽しみお金を増やす工夫を日々研究中。もっと見る>>

こんにちは。
中学1年・2年のママでサンキュ!STYLEライターのママーリオです。
私の地域は5月末まで休校の延長が決まりました。
4月の延長中から、オンライン授業の配信も始まりましたが、どのくらいのペースで進めればいいのかが判断できず、子どもへの学習の促進がうまくできず悩んでいます。

我家は中学2年と1年の年子なので、上の子の昨年のノートを確認すれば、下の子の目安になると思い、探して引っ張り出してみました。その内容をお知らせしていきます。

学習の進み具合は学校によって異なると思います。我家の子どもたちの学校は、田舎ののんびりした公立中学校ですので、あまり早くはないと思います。

【数学】

使用教科書:大日本図書「数学の世界」

46ページの四則演算を勉強していたことがわかりました。
数学は積み上げ学習なので、教科書の最初の項目からコツコツと自主学習して、5月末にこの単元ができているように促していこうと思います。

【理科】

使用教科書:大日本図書「理科の世界」

生物・植物の蒸散について勉強していたようです。
ノートには書かれていませんでしたが、教科書を確認すると48~49ページの内容でした。


英語・国語・社会

英語はプリントでの授業が多く、国語はノートに日付を入れていなかったので確認ができませんでした。社会は地理と歴史を交互にやっており、こちらも日付がなかったのですが「最初は地理だった」という上の子の記憶でした。

中学2年の情報はないけれど

とりあえず1年生の2教科だけでも目安がわかっただけでも気持ちが落ち着きました。ただ、1年より2年のほうがぐんと内容が難しくなるので心配です。中学1年のページ数を参考に、中学2年も同じぐらいのページ数は進むはず・・・と考えて計画を立てようかと思っています。

どんどん進めちゃっていいんですけどね

先取り学習で実際の授業よりどんどん進んでもいいはずなんですけどね。わが子にそんな期待はできません・・・とりあえず遅れないように気配りはしていきたいところです。

記事を書いたのは・・・ママーリオ
中学1年・2年姉弟のアラフィフママ。
主婦の「手仕事」「工夫」「アイディア」で価値やお金を生み出す「錬金マジック」を日々模索しています。

↑ライターサイト内にマイページができました↑
私の記事がまとめて読めます。あわせてご覧ください。


計算中