ジョブ

【40代主婦の再就職】職業訓練を利用した私の経験

2021/04/01
  • 主婦のひと工夫で価値を生み出す「錬金マジック」研究家。暮らしを楽しみお金を増やす工夫を日々研究中。もっと見る>>

こんにちは。
中学1年・2年のママでサンキュ!STYLEライターのママーリオです。
東京で14年働いていましたが、親との同居のためUターンし7年間の専業主婦の後、地元での再就職を試みましたが、過去の経験が生かせず、新たな業界へ就職できるように職業訓練を経験しました。現在は訓練で身につけた技術で安定した職業に就くことができ、良かったと思っています。職業訓練は詳しく知られていない部分も多いと思うので、お知らせしたいと思います。

雇用保険がなくても訓練利用できます

私は最初、雇用保険がなかったので「求職者支援訓練」を受けました。交通費や手当ての延長はありませんが、テキスト代とガソリン代だけで専門学校のような授業が毎日受けられるのはすごいことだと思いました。
1年ほど派遣で働いた後、ポリテクセンターで「公共職業訓練」を受講。雇用保険の延長も受けられ、日当や交通費も支給されるという、素晴らしい制度。さらにその手続きは学校でできるのでハローワークに行く手間もなくてラクチンでした。
「公共職業訓練」は雇用保険受給者が対象で、雇用保険がない人は「求職者支援訓練」しか受けられないと思いがちですが、絶対ではないようです。
訓練には定員がありますから、倍率が高いと無理かもしれませんが、定員に余裕があれば可能の場合もありますから、あきらめずにハローワークに相談してみると良いと思います。

職業能力開発促進センター

通称「ポリテクセンター」と呼ばれる「職業能力開発促進センター」は、求職者や在職者を対象にした公共職業訓練の施設です。国や都道府県が運営しています。
こちら以外に民間委託された施設で受けられる訓練もあります。私は両方を経験したのですが、個人的にはポリテクセンターの授業のほうをお勧めしたいです。見学会があるので、あらかじめ様子がわかります。先生のレベルが偏らないように、授業でも3週間程度で担当が交代したりと工夫がされていました。私が行ったポリテクセンターは教室はもちろん、食堂や更衣室がとてもきれいで気持ちよく訓練を受けることができました。
民間の場合は委託先の状況によって差があると思われますが、特に見学日は設けられてなかったと思います。できれば見学をしてから決めたほうがいいと思いますので、ハローワークに相談してみると良いと思います。

「求職者支援制度」

人事雇用を得るの手を振って幸せな自信を持ってアフリカの出願
fizkes/gettyimages

雇用保険を受給できない方が職業訓練に集中して取り組める「求職者支援制度」をご存知でしょうか。

月10万円「職業訓練受講給付金」をもらいながら訓練できる

職業訓練を受けている間、月10万円の生活支援の給付金を受けられます。
他の家族の収入や財産などの条件があるのですが、本当に困っている方はハローワークで相談してみると良いと思います。

しっかり訓練を受けて、恩返しを

せっかくの職業訓練の機会を得たら、しっかり授業に身を入れて取り組みましょう。
私の訓練時は、自習の時間にゲームをやったり遊んでいる人も多かったです。しかし毎日コツコツと積み上げていかないと新しい知識や技術は身につきません。
大人になると、学ぶ機会を得られることに喜びを感じることができますから、それを武器にして真面目に取り組んでみてください。受講履歴や検定の取得など、かならず就職に結びつくと思います。
訓練は税金で学ばせていただいているわけですから、就職して納税でお返しする。そういう気持ちで取り組みたいですね。

記事を書いたのは・・・ママーリオ
中学1年・2年姉弟のアラフィフママ。
主婦の「手仕事」「工夫」「アイディア」「エコロジー」で価値やお金を生み出す「錬金マジック」を日々模索しています。

私の再就職時の紆余曲折もご覧ください。

計算中

関連するキーワード