【知って欲しい】フィンガータイプタンポンの優秀さ!【エルディ】

2020/06/27
  • 主婦のひと工夫で価値を生み出す「錬金マジック」研究家。暮らしを楽しみお金を増やす工夫を日々研究中。もっと見る>>

こんにちは。サンキュ!STYLEライターのママーリオです。
節約に繋がる、「自分にも地球にもいいこと」を日々模索中です。
女性にとって必要不可欠な生理用品。私は経血が多いので長年タンポンを使用してます。
脱プラスチック、ゴミ削減の観点から、布ナプキンや月経カップに興味は持ちつつも、量が多い私には布ナプキンはかなり不安があり、月経カップは初期投資がそこそこ必要なのに、上手く使えるのか・・・という不安もあり、踏み切れませんでした。
そのような私が、「タンポン派」を変更せず、少し環境にも良く、節約にも繋がることとして「フィンガータイプタンポン」の「エルディ」に乗り換えて1年が経過しました。

「エルディタンポン」をご存知ですか?

タンポンにはアプリケータータイプと指で挿入するフィンガータイプがありますが、店頭からはフィンガータイプが姿を消しているのが現状です。
そのため、存在が知られていませんが、吸収力が高く安心であること、ゴミの削減や、単価が安いことなど、使い出すとメリットが大きく、根強いファンも多い商品なんです。

脱プラスチックからの出会い

1年ほど前、脱プラスチックを意識し始めた頃、アプリケーターのプラスチックが少し気になるようになりました。
私が中学生の頃は、紙製のアプリケーターのものがありました。今も販売されているのかな?と調べているうちに、通販サイトでのフィンガータイプタンポンのレビューを読むことになり、興味がわきました。なぜなら、そのレビューには愛用者からの熱い支持がたくさん感じられたからです。

フィンガータイプのメリット

アプリケータータイプと形状が違い、吸収力が高い

アプリケータータイプは吸収体がツイストしたような形状なのに対し、エルディは「折りたたみ傘が開く」ような形状なのです。この違いによるものらしいのですが、私の感想としても吸収力が高いと思います。レビューでも吸収力が高くて漏れにくいという声が多かったです。
経血が多くて悩んでいる方にはぜひ試していただきたいです。
紐が細く、水分の伝い漏れも少ないのもメリットです。

ごみも少なくなる

アプリケーターがない分のゴミも減ります。
それだけでなく、両者を比較すると、そのパッケージの面積の差がかなりあるのがわかります。
フィンガータイプはアプリケーターがなく、ぴったりとパックされているので、とても包装プラスチックが少ないのです。

エルディタンポンには、挿入時に指にはめる「フィンガーベール」という付属がついています。使うことで指の汚れが防げるというものです。これもゴミになりますが、薄くて小さいです。

とにかくコンパクトで携帯しやすい・省スペース

ファンデーションのパフを入れるケースに4つも入ります。私はこれで携帯しています。
ポーチに入れずとも、ポケットで携帯できるほどのコンパクトさです。
まとめ買いをしてもストックの場所を取らないのもポイントが高いです。

価格が安い

1パッケージの数量がかなり違い、割り返すと単価的にお安いです。(実は1年前はもっと安かった。)タンポン派の方の理由って、量が多いからだと思うのですが、「スーパー」や「多い日用」ってレギュラータイプよりお値段が高いですよね。消耗品ですので、単価が低いことは経済的に助かります。

もっと広まって欲しい

1年使用して、この素晴らしい商品をもっと多くの方に知って欲しいと思いました。SDGsの意識の高まりの中、私のように「布ナプキンや月経カップはハードルが高い」と感じる方もいらっしゃると思うので、選択肢のひとつにしていただければと思います。
今一度、「タンポンには、ゴミが少ないフィンガータイプというのがあるよ!」と多くの方に知っていただけたらと思いました。

記事を書いたのは・・・ママーリオ
中学1年・2年姉弟のアラフィフママ。
主婦の「手仕事」「工夫」「アイディア」で価値やお金を生み出す「錬金マジック」を日々模索しています。

計算中